高知で働くフリーランサーのブログ

本を読んで思ったことや感じたことを書けっていう無理ゲー

   

学生は夏休み真っ盛り。小学生の夏休みの宿題といえば自由研究や工作等自由度の高い、ある意味無理難題とも呼べる創作系ばかり。

私は今こうして毎日のようにブログで文章書いているわけだけど小中学校で夏休みに必ず出題される『読書感想文』が最も苦手でした。

読書をして「思ったことや感じたことを書け」ってね。なんだよそれ。

そもそも私は二十歳くらいまでまともに本を読んだことなくて読書感想文なんて想像も出来ない世界でした。

ちなみに二十歳くらいの時に学校の教科書以外で初めてまともに読んだ本はロバート・キヨサキの『金持ち父さん、貧乏父さん』、初めて読破した小説は金城一紀のレヴォリューション。

225b8a14d75623ed7f6cdcc0ad5a3f34_s

スポンサーリンク

読書感想文が書けない理由

書けない理由は大きくわけて二つあってその二つの理由が満たしている人は本当に某弾幕STGのLunaticのような無理ゲーに感じてしまいます。私がそうだったから。

ちなみに無理ゲーなLunaticモード。別に関係ないですw

文章を読まないと書けない

学生時代の私は本をほとんど読まなかったし当然新聞も読まなかったので文章と触れ合う機会は学校の教科書くらい。だけど学校の教科書ってまさに模範的で簡単に応用を利かせるようなもんじゃないし、国語の教科書だって数えるほどの作品しかないわけです。もともとあまり勉強しなかったし。

本を読まない人が文章を書くことは音楽を聴かない人が作曲するのと同じ。作文は繰り返しインプットしたものを編集してアウトプットする作業なんだよね。

知識がいないと思ったことは言えない

これ別に感想文に限ったことじゃないけど例えば映画作品やドラマを観て「どう思った」って聞かれてもすぐに答えれないってこと多いですよね。

例えば仕事の会議とかでも「何か意見はないですか?」、「思ったことあれば教えてください」とか言われても誰も答えないってことよくありますよね。必死で思ったことをひねり出そうとしても出てこないってこと。

あれなんでそうなるかっていうとその分野に対して特別興味も知識もないからなんですよね。

その分野に対してある程度興味があって自分なりの考えがしっかりしていれば「いやここは違うと思う」とか「そこには賛同できるけどここはそうじゃないとか」絶対何か出てくるはず。会議で出てこないってことは誰も興味ないってことか空気読んで言わないで置こうとしてるかどちらかです。

だけど例えば恋愛ドラマとか別に興味もないし人の恋愛観とかどうでもいい人が大ヒット中の恋愛ドラマ観て「どうだった?」って訊かれても「まあ別に面白かったよ」とか「つまらなかった」とかしか言えないわけですよ。

読書感想文の時もほとんど小説なんか読んだことなくて、さらに別に特別興味があるジャンルのお話でもない本を読んでも「ああそうなんだ」とか「面白かったなあ」くらいにしか思わないわけ。

だからそんな状態で感想文を書いても「面白かった」、「楽しかった」みたいな小学1年生の日レベルの感想文しか書けないんだよね。

とにかくインプットして文章力を上げる

書けない二つの理由から察すると文章を書けるようになりたかったらまず文章を読む。その次に知識を増やすしかないでしょう。

これはまあ平行して出来るし今の時代ネットで自分の興味のある分野の文章をいくらでも読むことが出来るから文章力を上げるのは簡単そんなに難しくない。

なんせ高校卒業するまで「楽しかった」しか私がこうしてブログ書けてるわけですからねえ。

facebookとかtwitterのタイムラインに流れてきた記事をひたすら読んでそれに対するコメントとか付けていたらある程度自然と文章が書けるようになります。

ちなみに本に関するエントリーを以前書いているで貼っておきます。

オススメの自己啓発本で人は変われるのか?100冊以上読んだ人が考えてみた。

ちなみに世間的に本をたくさん読んだほうがいいみたいな風潮が根強くありますが私はそうは思わない。確かに良書と呼ばれる本はすごく勉強になるし為になるけど出版されている本は金稼ぎと本人の承認欲求のためだけに書かれたしょうもない本も多いです。

だから闇雲にたくさん本を読んでも別に良い事ない。と思います。

 - 雑記

TKalice

TKalice

高知県でブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。

Feedlyで購読

関連記事

他人の悪口ばかり言うことの問題点

人の悪口ばっかり言う人っていますよね。 ※「ばかり」というのがポイント。どんなに優れた人格者でも人の悪口を言いたい時は誰だってあります 口を開けばだいたい人の悪 …

悪魔の証明の話と会社でよくある「本当にちゃんと探したのか?」って質問に答える方法を考えた。

ハマちゃんのようなゆる~い記事を書きたくなる時ってたまにあります。大抵はTwitterで済ましますが今回は長くなりそうなので・・・ サンタクロースの記事を読んで …

国籍は洗脳だというアメリカ人の意見に激しく賛同した話

twitterってのは相変わらずいろんな人がいて面白いです。 1000ファボアカウントをフォローしていると全く接点のない人の意見や考えが聞けたりでとても面白い。 …

前向きなのはいいんだけど地面に顔をぶつけるような行動をしていないか。

こんな記事を見た。 パワハラをきっかけに見えた人生の目的(ミッション)| Love to life 概要はこんな感じ。 上司からとんでもないパワハラを受けて死に …

twitterでは議論してはいけないと思った話

私はtwitterの使い方は単純で、思ったことを適当に垂れ流しています。 前向きな発言をしたり後ろ向きな発言をしたり時事ネタに対する突っ込みもしたりするんですが …

no image
学校を休んで家族旅行はありだという回答が多かったことについて思うこと

facebookはもはやニュース記事しか読まないような使い方になってしまっている私ですが、先日ちょっと面白い記事を見つけました。 というかただの炎上ネタ?ハフィ …

twitterのネタツイートを信用してしまうリテラシーの低さに突っ込みを

テレビとか新聞とかマスコミの鵜呑みにする情報リテラシーの低い人はたくさんいるよね。 ネット上にはちょっとネットが使えるからといってそいつらを情弱呼ばわりして情報 …

青信号だから絶対進むべきだと思っている男と付き合ってはいけない

タイトル見て「え?何で?」って思った方、読み終える頃に「あ~ナルホド」って思ってくれたら嬉しいです。 私は田舎に住んでいて車をほぼ毎日運転します。それも通勤だけ …

法律違反だとか法律的にどうだとかいう人と私は仲良くなれない

ハフィントンポストやブロゴスのエントリーでたまに見る。 「○○は法律的に問題があるか弁護士に聞いてみた」 みたいなやつ。すげー嫌いなんですよ。 だってさー。 ・ …

元ゲーセンの店員だった人がUFOキャッチャーの取り方とかを教える

今日たまたまtwitterでUFOキャッチャーに関するエントリーを目にしたので書くことに。 UFOキャッチャーの取り方とか攻略法とかでググってもその台に対する攻 …