千葉で働くフリーランサーのブログ

ボウリングがスゲー下手な人が劇的に上手くなったコツを教える

      2016/07/06

ボウリングブームと呼ばれた1970年頃代からボウリング場の数が3分の1以下に減ってるとはいえ案外学校や会社のイベントでしばし開かれるボウリング大会。

ボウリング大会はほとんどがチーム戦で行われて、男子がスゲー下手くそで足を引っ張ると白い目で見られる羽目に(女子ならかわいいで済むからズルイ笑)。逆に上手いとその場ではヒーローになります。

私はボウリングなんて年に数えるくらいしか行かないしマイボール持ってたり変化球投げる本格的な人に比べたらただのド素人ですが、それでもボウリング大会とかあればそこそこ目立つくらいには上手です。どんなに調子悪くても140くらいはいくくらい。

そんな私も初めてやった頃にはスゲー下手くそでスコアも50前後というレベルで周りの人から「うわ!何コイツ・・・」って目で見られていました(気がするだけ)。

ですが…

あまりにも下手くそなのが嫌で少し練習したらコツが分かったのでそのコツを今日は教えます。

ボウリング3

スポンサーリンク

1番ピンを制する者は・・・

ゲームを制す!

かどうかは知らないけど・・・

まず一番手前の中央にある1番ピンを倒さないとストライクを取れる確率がグッと減ります。

逆に1番ピンを倒してしまえば後は結構なんとなかなります。ピンは後ろに倒れるわけですからボールで1番ピンを倒さずしてストライクを取ることは(偶然ピンが跳ね返らない限り)ほぼ不可能ですし、逆に1番ピンだけ倒しか倒れないなんてのも無理があります。

1番ピン

なのでとりあえずど真ん中にある1番ピンを倒すことだけ考えるといいです。

ある程度レベルが高くなってくるとど真ん中を狙うと左右のピンが残りやすいのでやや左右に振った方がいいと思いますが、狙ったところに正確に投げられない私みたいなど素人レベルだとそこまで考える必要ないでしょう。

とにかくど真ん中狙って投げてください。後はなんとかなります。

投げる前の立ち位置が最も重要

すごい下手な人に共通するのが立ち位置の悪さです。逆にそこそこ運動神経の良い人は正しい立ち位置に変えるだけで劇的に上手くなります。

最初の画像は良く見る下手な人とスコアが50くらいだった頃の私の立ち位置。

実際は助走を付けるのでもっと手前ですが、下手な人はみんなレーンの中央に立ちます。

1立ち位置

これだと実はボールの位置が真ん中よりもかなり右寄り(右利きの場合)になるので実際は真ん中から投げているのではなく右斜めから投げていることになるんですよね。

この位置から投げるとボールの軌道が斜めになるので少し角度が変わっただけで大きく左右にズレちゃいます。距離感も考慮しないといけないため、1番ピンを倒す難易度が高くなります。

軌道1

ということに気づいた私はやや左に立つことにしました。するとボールを放すポイントが中央に来るのでまっすぐ投げることだけ意識すればいいので1番ピンを狙いやすくなります。

立ち位置2

ボールの軌道は下の画像のようになります。これだけで少なくともガターに落ちることはほぼなくなります。

軌道2

スペアを獲れ!

ど真ん中に投げられるようになってもストライクを取れるかどうかは運次第です。

プロでもストライクを100%取ることは出来ないんですよね。だけどスペアはよほど難しい残り方をしなければプロは100%近く獲ります。

私もスプリットと呼ばれる難易度の高い残り方をしなければ10回中9回くらいはスペアを獲ることが出来ます。プロは当然100%倒すと思う。すべてのフレームでスペアかストライクを獲っていけば150くらいはだいたいクリアできます。

というわけでココからはスペアの取り方です。

ヘッドピンを倒せばなんとなかなる

ヘッドピンというのは一番手前にあるピンのことです。

例えば下の落書きのような残り方(黒が倒したピン)をした場合、赤印の所がヘッドピンと呼ばれる(らしい)。

スペア1

手前からボールが転がってくるわけですからピンは当然後ろに倒れるので基本的に後ろにあるピンは手前のピンが倒してくれます。

上の画像の残り方だとよほど正面からまっすぐヘッドピンを倒さない限りスペアが取れます(やや右にずれた場合はヘッドピンが左向きに倒れるので左側のピンをカバー、左よりにずれた場合はボールが倒してくれる)。

したの画像のように残った場合は赤印の2本にボールが当たれば高確率でスペアが取れます。

スペア2

よほどピンが離れて残らない限りヘッドピンを倒せば大体スペアは取れます。

例外なのがこれ。縦一列に二本並んで残った時。

スペア3

正面から見ると一本に見えるけど実は二本残っているというスペアが結構難しいです。

この場合正面から真っ直ぐヘッドピンを倒さないと後ろのピンが倒れてくれません。スプリットじゃないけど素人にとっては結構難しいんですよね。

だけどしっかり正面から真っ直ぐ投げることが出来ればちゃんと獲れるようになります。

1本残った時の倒し方

1投目にしっかり真ん中に投げることが出来れば自然とほとんどのピンが倒れます。

するとよく「後1本なのに!」ってことが起こります。10回投げて5回くらい9本ってことはよくあります。

下の画像のように中央寄りのピンが残った場合は一投目と同じようにしっかり正面から投げることを意識して真っ直ぐ狙うといいです。

下手に左右に振るとやっぱり難易度が高い。なので中央寄りのピンが残った場合は正面からしっかり狙いましょう。

スペア5

しかし一番左端とか右端に残ったピンを正面から真っ直ぐ狙うのは狙うのは難しいです。ちょっとミスするとすぐに溝におちちゃうので。

なのでこの場合に限っては私も軌道が斜めになる位置から投げています。端っこに残ったピンは距離感がつかめやすいので意外と簡単に獲れる気がする。

スペア8

まとめ

まず一投目に正面から真っ直ぐ投げることを意識して1番ピンを倒す。

残った場合はとにかくヘッドピンを倒す。

これだけで多分スゲー下手くそな人は劇的に上手くなると思います。

少なくとも私は50~80くらいだったのがダメな時でも140くらいは出るようになりました。

とまあココまで書いておいてなんだですが別にどっかで習ったわけでもないし教えてもらったわけでもないので本当に上手い人のやり方は知りません。

まあだけどたまにど素人の集まりでボウリング大会で恥かかかないレベルくらいにはなると思いますよ多分。

 - 雑記

TKalice

TKalice

ブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。高知から千葉に移住しました。

Feedlyで購読

関連記事

ネット副業に出会って丸2年が経ったのでちょっと振り返る

もう2、3カ月もしたら副業による収入が本業を超えるんじゃないかというとこまで来ています。安月給だから成せる技でもあります。 私がインターネットを使って副業に取り …

この組み合わせ最強だろ!と思った料理と調味料の組み合わせ

このブログエントリー300近くにして初のグルメに関する記事です。 私はどちらかというと薄味派で、てんぷらとかフライでもソース等何もつけずに食べることが多いです。 …

人生でやりたいことを100個くらい上げてみる

「よくわからない人」という声があって以前から何か自分のことをわかってもらう記事書きたいなあと思っていたところ、9taroさんのエントリーを見てこれだ!と思ったの …

「上から目線だ」という発言をする人は何故そこまで自己評価が低いのか

ブログやSNSでのコメントでよく「上から目線」という言葉を目にするよね。 別にネット上に限らず「上から目線」って言葉は結構日常的に使われていて、 「な~に?あの …

twitterでは議論してはいけないと思った話

私はtwitterの使い方は単純で、思ったことを適当に垂れ流しています。 前向きな発言をしたり後ろ向きな発言をしたり時事ネタに対する突っ込みもしたりするんですが …

なんだかんだで自分が変わるしかないよね

貧困問題とか格差社会とか少子高齢化社会とか待機児童問題とか・・・ 日本っていろいろ問題があって、社会が悪いとか国が悪いとか、文句言ってる人twitterでもfa …

青信号だから絶対進むべきだと思っている男と付き合ってはいけない

タイトル見て「え?何で?」って思った方、読み終える頃に「あ~ナルホド」って思ってくれたら嬉しいです。 私は田舎に住んでいて車をほぼ毎日運転します。それも通勤だけ …

一昔前に比べて「好きなことをして生きていく」は難しくなくなったのではないか

高校に入ってすぐくらいのことだったかかな。 中学からの同級の中にプロミュージシャンを目指すとか言っていた人がいたんですよ。ベース(楽器)で。 彼は見た目も彼の両 …

本を読んで思ったことや感じたことを書けっていう無理ゲー

学生は夏休み真っ盛り。小学生の夏休みの宿題といえば自由研究や工作等自由度の高い、ある意味無理難題とも呼べる創作系ばかり。 私は今こうして毎日のようにブログで文章 …

no image
ブロガーという生き方はツライ。

かなりご無沙汰のエントリーとなりました。 世の中にはごく一部ですが、ブロガーという生き方を選んでいる人がいます。 ブロガーという生き方は簡単に言えばブログで情報 …