千葉で働くフリーランサーのブログ

「ただしイケメンに限る」という逃げ。ブサイクでもモテるという話

   

前にも同じようなことを書いたんだけどもう少し掘り下げることに。

自分がモテないのはブサイク(ルックスが悪い)だからと思っている人は多いですよね。

「ただしイケメンに限る」

を誰が始めに言い出したのかは分かりませんがこれって完全に「逃げ」だと思うんですよ。

かなり前の記事、「ブサイクがモテる」を理解出来ない人はきっとおっさんになると全くモテないにも書いたんですがブサイクでもモテる人っているんですよね。

まあ「モテ」の定義が人によって変わってくるかもしれないのでここでは「モテる人=女性に困らない人」というふうな感じで受け取ってください。

スポンサーリンク

ブサイクはモテないと思っているからモテない

何でもそうなんだけど自分には出来ないと思った瞬間それは出来ないことになりますよね。

勉強でもスポーツでも、恋愛でも同じことが言えます。

「自分はブサイクだから彼女が出来ない」

と思った瞬間彼女が出来ないやつになってしまいます。

男性側からの視点で見ると、女性はある程度お化粧したりすると結構顔が変えられるので「いいなー」と思うわけですが、男性はお化粧するわけにもいかないからブサイクを変えることは難しいんですよね。

体重はある程度努力すればなんとかなるかもしれないけど、身長を伸ばすことは出来ませんよね。

自分がモテない理由をルックスのせいにしている人は多分一生モテないと思うんですよ。整形でもしない限り。

ブサイクでもモテることを確信すると・・・

何を隠そう私も若い時(二十歳くらいまで)はブサイクはモテないと信じ込んでいました。

これって多分テレビの影響が大きいと思うんですよね。

テレビじゃモテるのは常にジャニーズとか俳優みたいなイケメンばかりで、逆に顔で笑いを取ってるお笑い芸人達は「抱かれたくない男」みたいなレッテルを貼られたり、モテナイブラザーズみたいなユニット組まされたりするわけで・・・

とにかく国民の多くは、

イケメン=モテる

ブサメン=モテない

というある種洗脳のようなものに掛かってしまっているわけです。

だけどこの洗脳が解かれるとブサイクな人でもモテるようになるんですよね。

私は決してイケメンじゃないですし今でもルックスに自信があるわけでもないんですが、二十歳くらいの頃に「ブサイク=モテない」という思い込みが解かれてからは女性に困ることはありませんでした。

ブサメンでもモテる人がいるという事実

では私が二十歳くらいの頃に何があって「ブサイク=モテない」という思い込みが解かれたかというと。前の記事にも書いたんですがブサイクなのにすごいモテる中年のおっさんと知り合ったからなんですよね。

ブサイクといってもただのブサイクじゃないんですよね。

身長160cmあるかないかくらいでもじゃもじゃの髪した小太りのおっさん。キムジョ○イルさんに似ているとよく言われていたりしました。

Kim_Jong-il_Portrait

そんなキムジョ○イルさんがどれくらいモテるのかというと仕事休みは常に女性と遊んでいて、会社を退職してからはメンズスナックを開いて女性客で満席にするほどです。

そんな彼を見て私は、

「モテる、モテないにルックスは本当に関係ないんだな」

と確信したんですよね。そりゃそうですよ。

明らかに自分よりルックスが劣っているチビでデブでブサイクなのにスゲーモテるおっさんの横で、

「ただしイケメンに限る」

とか言えませんから。

女性はルックス重視ではない

男性の多くはルックス重視です。

もうそれは本当に「バカ」かかと思うくらい男性は「かわいい」、「美人」、「セクシー」な女性が好きです。

そのせいか多くの男性が「女性もイケメンな男性が好き」だと思いこんでしまっていますが、

「本当にイケメンが好きでイケメンとしか付き合いたくない」

と心底思っている女性は実は少ないです。

少なくとも私はそんな女性に出会ったことがありません。

ただ逆に、

「私の彼氏ブサイクだから友達に紹介出来ない」

と言っている女性は何度か見たことがあります。若い人に多いですね。

彼女達が本当にその人が好きで付き合っているのか、妥協して付き合っているのかは分かりませんが、少なくとも人に紹介出来ないくらいブサイクな人でも彼女が出来るという事実はあるわけです。結構驚きです。

出川が結婚出来た理由

「抱かれたくない男」万年1位で殿堂入りもしたお笑い芸人の出川哲朗さんですが、2004年にレースクイーンの阿部 瑠理子さんと結婚して話題になりました。もう10年以上も前になるのか・・・

当時は「あんなブサイクな男がどうして・・・」

と話題になったんですが、よくよく考えて周りを見渡せば出川さんくらいのルックスの中年男性が皆結婚していないかというとそんなこともないんですよね。

少なくとも彼のようにテレビに出て有名になれば「出川さんが好き」と思う女性がいてもおかしくないわけです。

それを見てモテない男性は、

「芸能人だから」

「お金があるから」

みたいに思うわけですが、それこそルックスは関係ないと言っているようなもので・・・

 モテる理由は他にある

ここまで読んでくれた方はそろそろ、「自分がモテないのはブサイクだからだ」は誤りであるということがわかってきたんじゃないかなと思います。

イケメンである方が多少有利なのかもしれませんが決定打にはなりません。

モテる人がモテる理由は他にあります。

ブサメンでもモテるための始めの一歩

まずは自信を持ちましょう。

何でも言えることなんですが、何かを成し遂げたい時、目標を達成するためにはまず、

「自分なら出来る」

という自信を持つことが大切です。

恋愛だとこれが一番重要です。

女性は男性に守ってもらいたいという思いが本能的にあるので自信のない男性がモテることは難しいです。稀にそういう自信のない感じの男性が好きな強めの女性もいますが。

モテるための努力をしよう

「ただしイケメンに限る」

的な人は自分がモテないのはルックスのせいだと思っています。

これは自分がモテない理由を変えることの出来ないルックスのせいにしているだけ、つまり「逃げ」なんですよ。

「自分はバカだから勉強出来ない」

「親に似て不器用だから出来ない」

と同じようなもんです。

モテる人は努力しています。

表面的にはたくさん女性友達がいるモテ男でもその裏では何人もの女性に断られたりフラれたりしているわけです。

私もかつてモテたくてカラオケやボウリング等の練習をしたこともありました。

おかげでアベレージ150くらいはいけるようになりました。

集団でいる中で少し目立つだけでチャンスが到来することもあります。

「ただしイケメンに限る」

と思っていてはいつまでも変わることはできませんよ。


 - 考察

TKalice

TKalice

ブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。高知から千葉に移住しました。

Feedlyで購読

関連記事

現代に代理店は必要?パナソニックが代理店にしか販売しない理由

暗黒大陸と言われた流通業界も効率化が進み、ニトリやユニクロ等、製品製造から販売まで自社で担うSPA(製造小売業)と呼ばれる形態が衣料品を中心に増加しつつあります …

【アポ論】facebook衰退の原因と今後伸びるSNSを考える。

ここにきてしばらく温めてきた新カテゴリ。前回フライングしてしまいました。       SNSを使うようになって7年くらいになります …

ステマの何がいけないの?問題視する人は何か勘違いしてるのではないか

ステマ、ステルスマーケティングってのは消費者に宣伝と気づかれないように宣伝することです。 わからない人のために念のため。 こういう行為をしている人に対して「ステ …

汎用ロボットが仕事を奪うと将来どうなるの?

先日少し遠出をして大きなショッピングモールに行ってたんですがそこで初めて無人レジを経験しました。 これがスゲー便利で早い。 従来のレジ回りはだいたい横一列にレジ …

社会に出ても役に立たない学校の勉強はなぜ必要なのか?

先生「どうして勉強する必要があるの?」 生徒「良い学校に進学するためです。」 先生「どうして良い学校に行きたいの?」 生徒「良い会社に就職するためです。」 先生 …

お金に価値はない。お金について語ってみた。

大人になっても忘れない教えこそ真の教育だ! 高校時代の恩師、K先生は口癖のようにそう言っていた。おかげで私たちはその言葉を忘れていないわけですが。 スポンサーリ …

古参の人、古株の人が新しい世代にごちゃごちゃ口出しする理由

仕事、趣味問わずどんな業界でも、どんな集団でも何年かの歴史がある集まりだと古参、古株の人と新しく参入してくる新人、新勢力のが生まれてきます。 するとどんな業界、 …

リアルな知人達が情弱すぎて会話が成立しないと思ったベスト6

私達が当たり前に使っている便利なツールやアプリ等を実はネットや新しい技術にあまり関心がないほとんどの人が名前さえ知らないってことがよくあるわけで。 彼らのことを …

便器はアートですか。現代アートについて考える。

芸術家はしばし変人扱いされることが多いです。 「彼は変わった感性の持ち主だ」、「天才ってあーいう人のこと言うのね」、「彼にはついていけないよ」 芸術家と呼ばれる …

情報リテラシーのある人がバイラルメディアを嫌うのは何故か。

今更感は否めないけど書きたいことを書くね。 その前に・・・ バイラルメディアが分からない人のために ついつい広めたくなるような記事を作り、twitterやfac …