千葉で働くフリーランサーのブログ

今年の昇給は6000円でした。会社員バカなの?死ぬの?

      2016/07/06

今日は車で2時間掛けてVPNの障害対応に行っていました。ネットワークってのはよくわからないことで障害が発生するケースが多いです。今回も繋がったり繋がらなくなったり・・・

VPNルータのメーカーに問い合わせしても結局原因は分からないまま何故か障害が発生してあれこれいじるうちに復旧・・・ほんとよくわからないです。

そんなことはさておき、実は先日の給料日は少し特別で年に一度の昇給でした。

その額なんと6,000円!

その額なんと6,000円!

その額なんと6,000円!

ええ・・・

わかってましたよそんなもんだろうって・・・

これで私の月の総支給額はギリギリ20万届かなかったわけですね。

私が目標とする手取り40万になるのは果たして何十年後になるでしょうね。

(きっと一生来ない)

スポンサーリンク

経営者から見れば会社員の給料は安くていい

女の場合金の切れ目が縁の切れ目というけど、多くの会社員は仕事の切れ目が人生の切れ目とっていも過言ではありません。

若いうちは事業縮小等でリストラにあったり倒産で仕事失ってもまだ再就職は出来ますが、これが40代とかになるとまじで死ねます。再就職は絶望的なことはハローワークに行けばすぐにわかります。

本来ハローワークはフリーターやニート、学生、すぐに仕事を辞める若者の利用率が高いはずだったんですが実際行ってみると中高年がほとんど。あれ利用者数が多いというよりはリピーターが多いんですよね多分。ハローワークは就職決まれば行くことありませんから。

だから会社員である私達は給料が安くても我慢して働くしかないです。特に後がなければない人ほど何がなんでもその会社に居座ろうとするわけです。

新しく作ったブログにこのあたり詳しく書きました。

昇給が少ないのはあなたのせいではありません。

北海道や沖縄に急に転勤になってもマイホームと家族ほっぽってしがみ付くわけです。

だから支払う側の立場である経営者から見れば安くていいんだですよね。安い給料でも働いてくれるわけですから。

現に私の会社のほとんどが役員を除けば私より少し貰っている程度で年収300万ほどしかありません。

そんな給料でも5年、10年居てくれているし今後も今の給料のままでもきっと居座るでしょう。だから別に昇給なんてしなくてもいいんですよね会社側からすれば。

私達会社員はそれでいいのか

いいわけねえだろ!

って声が聞こえてきそうだけど私は別に「いいんじゃないかなあ」と思っていたりします。

というよりも雇われの身である以上、経営者が決めた給料査定に歯向かうことは出来ないし逆らう資格さえないと思っています現状では。

だから給料が安かろうが昇給が少なかろうが別にいいんです。それほど気にしない。

そんなことより何が気に入らないかっていうと足元見られてるってことですね。

「こいつは辞めないだろうからこのくらいの給料でもいいだろう」

って思われていると考えれば結構腹立ちますよね。

特に私の場合後数年で30歳になるし、転職繰り返しまくって今の会社を辞めると再就職は難しいと思います。結婚もしてるし子どもも欲しい歳だろうと考えると最も退職しなさそうな従業員に数えられているんじゃないかなと思います。じゃないと職歴10個くらいあった私を採用しようとは思わないだろうから。

もし私が本当にそういう立場にいて、絶対辞められないと感じていたらホントしんどかったでしょうね。

「むかつくじゃん」

と思っても辞められない。

会社員は弱みを握られている

最近はあんまり聞かないけど一昔前に携帯サイト等でワンクリック詐欺ってが流行ったことがありました。

アダルトサイトや出会い系サイトでクリックした瞬間

「登録が完了しました。すぐに利用料○万円の振り込みを行ってください。」

ってやつ。

あれに引っかかっちゃう人ってほとんどの人がサラリーマンか公務員だったらしくて、お金があるないってのもあるけど何より「振り込みをしないとお勤めされている会社に連絡します」と言われたらサラリーマンはビビって振り込んじゃうんですよ。

この時、当時まだ高校生くらいだった私は思ったわけです。

「会社員って大変な弱み握られているなあ」

って。

詐欺師「出会い系サイトの登録料払ってくれないって会社に言っちゃうよ~ん 」

会社員「そ、そ、それだけは・・・!」

会社員は複数からの収入を持て

5181659105_b1c5312a8f_z
credit: SmithGreg via FindCC

転職しまくって後がない残念な私ですが別に今の会社頑張って給料上げようとも思わないし出世したいとも思いません。むしろ別に給料上げなくていいから楽にゆとりを持って働かせてくれと言いたい。

というのも今の会社に入って2年間、2回の昇給で上がった金額は2万にも届かない金額でその間に趣味で始めたこのブログが1年で稼げるようになった金額の半分にも届いていないんです。

今年に入って新しく始めたサイトもまだまだ思うようにはいかないけどそれでも今月は数千円稼いでくれた。だったらそっち頑張りたいじゃないですか。

アフィリエイトサイトに取り掛かって2カ月になるので経過報告とかやってることとか | APOLLON

他にもやりたいこともたくさんあるし作りたいサイトの案も現段階で3つほどあります。時間さえあれば自分で食っていくくらい稼ぐことは絶対出来ると思っているからもしクビになっても別に困りません。

現段階でもバイトすればなんとか生活出来ると思いますし、別にすげー稼いでいるって意味じゃなくてそれほどまでに会社の給料が少ないってことですが。

それくらい余裕が欲しいですよね。これだけ変化のある時代だから正社員イコール安泰なんてホント幻想だよ。絶対複数から収入を確保するべきです。どんな形でも良いから。

まあ副業で多少なりとも楽しく稼げるようになると好きでもない仕事一生懸命やるのがバカらしいというか相当キツイですけどね。

私の場合相当楽しんでいるから特にね。

※2016年6月追記

これを書いたのは去年の3月くらいですが実はもうそれから約7か月後の去年の10月に会社を辞めて独立してしまいました。今は当時の数倍くらい収入があったりします。

今は文中のリンクにある年収アップ.jp等のウェブサイトを作って収入を得たりしています。

高給だと中々辞められませんが安月給だと簡単に辞められます。投資や転職、副業等会社の昇給に頼らず収入を上げる必要があることを強く感じられますし実際行動に移すこともできます。

そういう意味では安月給で働くことも悪くないのかも。

と今だから思うことが出来ます。

 - 仕事観

TKalice

TKalice

ブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。高知から千葉に移住しました。

Feedlyで購読

関連記事

そろそろ働き方変えないとまじでヤバイ気がしてきた2015年の春

先日こーんな記事を見ました。 すごい、アマゾンで人間が注文できるようになった – 週アスPLUSもちろん人げを売るとか買うとかそういう話じゃなくて、 …

no image
仕事で家庭をかえりみない日本男性は優先順位が間違っているのではないか

男は外で働いて女は家事をする。 そんな古臭いことやってるのは日本人だけだよ? って一昔前から言われてますよね。 で、今日ブロゴスでそういう感じの記事を見て、そこ …

うつ病とか病気になる前に会社なんて辞めたらいい

yahooニュースで社畜に関する記事を見たのでちょっと意見をしたくなりました。 病院でうつ病と診断され、上司である部長に休職を願い出ると、こう言われた。 「うつ …

no image
私が会社を辞めることを決意した理由

先日書いた記事の一番最後に、 「サラリーマン辞めます」 とナチュラルに書いたことに意外と反応が多くて驚きました。みんなありがたいことに最後まで読んでくれてるんだ …

若者が興ざめする絶対やってはいけない上司の言動ベスト10

会社員ってのは大変です。 客から文句言われ、上司からも文句言われ、これで家庭が上手くいっていなかったら目も当てられません。 特に中間管理職と呼ばれる立場は一番キ …

飽きっぽい私がブログやアフィリエイトを続けられる理由を今話す

ここ最近ブログが滞り気味なのは新しいブログに専念しているからなんですね。 もちろん始めに作った回線系のブログも更新しているので結構手いっぱいになりつつあります。 …

ワーカホリック(仕事中毒)な中年男性の本音

先日会社の忘年会第二弾がありました。 酒を好まない私にとって飲み会全般好きになれない上に、仕事の外で繋がりを持ちたいなんて一切思わない私にとって、会社の飲み会は …

嫁に会社辞めてもいいかなと聞いた結果。

本当は毎日ブログ更新したいんだけどここ最近仕事が忙しくてもうね。さすがに無理w バカみたいに遅くまで仕事したくないから仕事放って置いて21時には帰るようにしてる …

ホウ・レン・ソウが出来ない人は会社員に向いていないかなと思った話

報告、連絡、相談をひっくるめて報・連・相(ホウレンソウ)というらしい。 あまりにも有名で、どこの会社に行っても基本とされているところが多く、前面的に押してはいな …

モノが売れない時代にどうやって営業していくのか

「良い物を作っても売れない」 そんなことを言われるのが当たり前になりつつある時代にモノを売るってスゲー大変です。 私も(仮にも)営業職という立場なのでその「モノ …