千葉で働くフリーランサーのブログ

なんだかんだで自分が変わるしかないよね

   

貧困問題とか格差社会とか少子高齢化社会とか待機児童問題とか・・・

日本っていろいろ問題があって、社会が悪いとか国が悪いとか、文句言ってる人twitterでもfacebookでもよく見かけますね。

そういうのを見て能力のある人、出来る人が「努力が足りない」とか「頭使わないからだ」とか「自業自得」とか言っちゃってたりするのをよく見るんですが、そう簡単に自己責任にするのも問題あると思うんですよ。

私はすげー頑張っても人並み以下しか出来ない人いっぱい見てきましたし、学習能力がサルレベルなんじゃねえの?って思っちゃう人も見てきましたし、そういう人達を「努力が足りない」とか「頑張りが足りない」と切り捨てるのは仕事がなくて苦労している障害を持っている人達に「お前の努力が足りないんだ」と言ってるのと変わらないと思っているんですよ。

そんなことを言うと障害者は別だとか言われそうだけど、人には生まれ持っての能力差がある以上平均より能力の高い人と平均よりかなり下の人では所得に大きな差が付いてしまうのが現実ですし、障害を持っていなくても学習能力がサルレベルの頭の悪い人が平均より高い所得を得るのはどう考えても難しいと思うんですよね。

それはきっと「頑張りが足りない」とか「努力が足りない」とか言っている人達も分かっていると思うんですよ。

優秀な人達は心の底では「コイツらが頑張っても豊かになれないだろうなあ・・・」って思ってますって。私は思ってますよ。しんどいことを苦に思わず頑張れる人とか天才かよと思うくらい頭の回転が速い人には逆立ちしても勝てる気がしません。

だから私は社会に対して文句を言う人も気持ちもわかりますし「変えるべきだ」と強く訴えている人達も分かります。

勉強が出来ない人、仕事が出来ない人、考えることが苦手な人、そんな人達でも豊かな暮らしが出来る国、社会って理想的じゃないですか。

スポンサーリンク

でも自分が変れるならその方が速いでしょ

国を恨む気持ちもわかります。社会に憤りを感じる気持ちもわかります。私も子どもの頃そうでしたから。

でもいくら社会を恨んだって、国を馬頭したって、野次を飛ばす政治家をバカにしたって自分は何も変わらないんです。

デモ活動したいならしたらいいです。

世の中変えたいならその活動したらいいです。

もしかしたら変わるかもしれません。変わることに越したことはないです。

だけど自分で変えられるなら自分で変えた方が圧倒的に速いんですよ。

賃金が少ないから困ってる?

だから賃金増やせって社会に訴えて変わるんでしょうか。もしかしたら変わるかもしれません。国、自治体、組合が動いて賃金アップにつながるかもしれません。

でもそんなことするより転職するなり資格取るなり副業するなり独立するなり、を考えた方が速いと思いませんか。出来るなら。

保育園に入れないなら保育園が新しく出来るのを待つより他の方法はないか考えてみませんか。出来ること、きっとあるはずです。

見ず知らずの人は誰も助けてはくれない

今まで生きてきてつくづく思うんですが(と言っても私はそれほど齢食ってるほどの年齢じゃないけど)、自分がどんなに苦労していても見ず知らずの人は本気で助けてなんかくれないんですよ。

なんとなくいい人ぶって自分に不利益をもらたさない程度に協力してくれるフリはしてくれますが、親身になって助けてはくれません。下心でもない限り。

そりゃあ誰だってそうでしょ。見ず知らずの人に腎臓くれって言われて「いいですよ」って簡単に渡せる人ばかりなら、これだけ空家があるわけですから家賃が払えなくて困っている人なんていませんよ。

名前も知らない社会の誰かに「これだけ苦しい思いしてるんだぞ」って訴えても助けてくれるわけないんです。

もし見ず知らずの人が異常に親切に助けてあげようとか言ってきたら疑った方がいいです。だいたいお金巻き上げたいだけですから。

だからつくづく思うんです。

自分が変わるしかない、自分で変えるしかないんです。

でも大多数の人が変われずに「お金がない」と文句言いながら毎日パチンコ行って貯金せずに会社倒産して仕事がなくなって困ったことになったりするんですよ。

その方が楽ですから。

 - 雑記

TKalice

TKalice

ブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。高知から千葉に移住しました。

Feedlyで購読

関連記事

子どもの頃の友達と社会人の友達の違い

こんにちは。 以前このブログでも書きましたが私は普段遊ぶような友達は少ないです。 まあ別にいいんですが学校卒業して社会に出ると友達がどんどん減っちゃうっていうの …

手段と目的を混同する人って結構多いよね。

突然だけど、あなたは東海第四の西嶋投手を覚えているだろうか? 去年、夏の甲子園で超スローボールを投げ、元フジテレビアナウンサーである岩佐徹さんがtwitterで …

悪魔の証明の話と会社でよくある「本当にちゃんと探したのか?」って質問に答える方法を考えた。

ハマちゃんのようなゆる~い記事を書きたくなる時ってたまにあります。大抵はTwitterで済ましますが今回は長くなりそうなので・・・ サンタクロースの記事を読んで …

NTTの光ボックスと光テレビの勧誘電話にウンザリした話

先々週くらいだったか。 突然iphoneに知らない電話番号から掛かってきて出たらNTTの(多分)若い女性。 出た!勧誘電話! フレッツ光を契約している我が家には …

社員旅行のついでに沖縄のキャバ嬢にインタビューしてきました。

以前社員旅行で沖縄に訪れた際、ド定番の国際通りから徒歩で10分くらいの松山にあるキャバクラというお店に行きました。決して女遊びがしたくて訪れたわけではない。 ブ …

no image
すごくお金のない家庭で育った私が苦労したこと

一応ブロガーなので今日はなんとなく自分のことについて書こうと思ったので書くことにしました。 私は表面上知識人を装っていることもあってか割と勉強が出来てそれなりに …

no image
ブロガーという生き方はツライ。

かなりご無沙汰のエントリーとなりました。 世の中にはごく一部ですが、ブロガーという生き方を選んでいる人がいます。 ブロガーという生き方は簡単に言えばブログで情報 …

前向きなのはいいんだけど地面に顔をぶつけるような行動をしていないか。

こんな記事を見た。 パワハラをきっかけに見えた人生の目的(ミッション)| Love to life 概要はこんな感じ。 上司からとんでもないパワハラを受けて死に …

ネット社会でも本はたくさん読んだ方が良いのか。

学生の読書離れに関する記事を見たんですよ。 読書しない大学生は45% 過去最高 おっさん達が集まるニュースピックスでは「ネットの普及、スマホの普及により情報を得 …

最近の若者がキレやすいわけじゃない

最近の若者がキレやすいわけではないという事実は最近の若者のの犯罪率のデータを見れば明らかですが、今日はそんな話がしたいわけじゃなくて・・・ 今日、地元のスーパー …