高知で働くフリーランサーのブログ

リアルな知人達が情弱すぎて会話が成立しないと思ったベスト6

      2016/07/09

私達が当たり前に使っている便利なツールやアプリ等を実はネットや新しい技術にあまり関心がないほとんどの人が名前さえ知らないってことがよくあるわけで。

彼らのことをイノベーター理論でレイトマジョリティとかラガードと呼ぶそうようだけど、彼らのような新しい技術に関心がない人がマジョリティ(多数派)であることは以前から感じていました。

だけど「え!?まじこれ知らんの?」ってちょっとビビったやつをランキング形式で上げることに。

レイトマジョリティ

イノベーター理論の用語。新たに現れた革新的商品やサービスを,世の中の普及状況を見てから採用・受容するような人々。イノベーター理論の五つの顧客層のうち,アーリー-マジョリティ(前期追随者)の次に受容する人々。新しい価値観や様式の受容には懐疑的とされる。後期追随者。後期多数採用者。

ようするに新しい物をビビって採用しない人。

ラガード

イノベーター理論の用語。革新的商品やサービスを最後になって受容するか,最後まで受容しない人。市場全体で最も保守的とされる。採用遅滞者。

ようするに未だにガラケー使っている人。

スポンサーリンク

第6位 キュレーション(Gunosy、Newspiks他)

私の友人にイケダハヤトさんを知っている強者がいたんですが残念ながらGunosyを使っている人には出会えませんでした(もちろんネット上以外です)。

GunosyっておそらくテレビCMもやっていて最近だとどこのキャリアか忘れたけど初期装備されてるんじゃなかったっけ?忘れましたが。

ただ最近の若者はやっぱりテレビ見る人は少ないしよく見る人でも録画して見るので宣伝効果は少ない模様。

会社でも12時と5時に通知音がするのは私だけ。ちなみに大雨警報の時にはみんな通知音が鳴った。

GunosyでこれだからNewspicksとかアンテナとかだともう・・・ね。

遅れた人にならないためのキュレーションアプリ、ニュースサイトまとめ

第5位 秒速で1億円稼ぐ男(ヨザー・与沢翼)

アフィリエイトとかネットビジネスとかちょっとでも興味ある人なら誰でも知ってるしtwitterやfaebook、少し前にあった破産騒動のときはyahooニュースなど多くのメディアに取り上げられたにも関わらず!

意外と知らない人が多いです。ちなみにうちの奥さんも知らなかった。

ヨザーさんは『秒速で1億円稼ぐ男』というフレーズが有名で本も出版していてテレビにも出演経験があり、ネット以外でも結構露出していました。

そのわりに私はネット上以外でヨザーさんのことを知っている人に出会ったことがないくらいの知名度。まあ田舎だとそんなもんだよね。

与沢翼 – Wikipedia

第4位 Google+(ハングアウトなんてもちろん知らない)

これは会社の同僚の話なんですがweb会議の話になった時に「google+のハングアウトが普通に便利だよ」って話したんだけどまあ当然知らなくて・・・

なにより驚いたのがググタス(グーグルプラスの略)さえも知らないんですよね。

別にそういうのに疎い感じのタイプじゃないんですよ。歳は20代後半でPCとか普通に使いこなしてiphone使ってるしフリーソフト使って圧縮解凍出来るしw

確かにfacebookやLINE、twitterと比べて知名度は低いと思うけどググタス結構長いよ。AKB頑張ってたしね。

でもやっぱり流行らないよねえ。

Google+ で、もっとつながる。- Google+

第3位 LINE乗っ取り事件(プリカ買ってください)

え?知らないの?

これ知らないって会話成立しないよね?

っていうくらい私の中でブームだったんだけどどうなんですかね?

最近はブームが鎮火したけど流行った時はtwitterのタイムラインで常にありとあらゆるネタが流れていたしLINE自体にも公式で警告していたし知らないってどういうことって思ったんだけどね。

やっぱりほとんどの人が知らなくて驚いた。最近はもうこの手の話題をリアルで話すことはなくなったw

本当はね。「あんなの引っかかるやつの顔見てみたいよねえw」って話を友達としたいんだよw

LINE乗っ取り

第2位 Kindle、googlebooks(電子書籍)

これも同僚の話なんですがキンドル知らなくてホント驚いたなあ。

Kindleって結構前からあるじゃないですか。

サービス自体が始まったのはスマホ、タブレットが普及するよりも古くて当時は電子書籍は専用端末でしか読めなかったんですよ。

だから私も当時はあんまり興味なかったんだけど今はスマホ、タブレットで読めるのでホント便利。最近書籍はほとんど電子書籍しか買ってないんだけどそれを知らない人がいるなんて!

まあでもアプリってそんなもんです。

スマホ持ってるほとんどの人がLINEとパズドラしかやらないんですよ。まじ何してんの?って感じっす。

第1位 タブレットって契約しなくていいの?

まじかよ?!

何寝ぼけたこと言ってんの?って思いました。というか会話がかみ合わない。

「PCが壊れて、だけどネットでyoutube見るとかしかしないからデカイスマホ買えばいいかなと思ってる」って言うから、

「じゃあタブレット買えば?2~3万で売ってるし」って教えてあげたら、

「でもそれって二重に支払いしないといけないよね?」

・・・何のこと言ってんだ?

って思ったわけ。まあ人の心が読める私はSIMがないとタブレットは使えないと思っていることを察し、

「タブレットはPCと同じようなもんだよ」ってことを説明。

納得されたけど「まじか!?」と思いました。

ちなみに彼はiphoneを3G時代にいち早く変えたり、BTOパソコン使っていたり割とそういうの得意だったはずなんだけどじじいになったのかなあ。

IMG_1302

まとめ

というわけで中途半端にベスト6とかになってしまったんだけど思いついた限り上げてみた。

これも以前書いた記憶があるんだけどみんなスマホ持ってネットに触れるようになったんだけど情報格差ってやっぱり昔のネット使う人とそうじゃない人のまんまだよね。

情報を取り入れる人はどんどん新しい情報を持ってるけどそうじゃない人はフィルターが掛かっているかのように新しい情報が入ってこない。

スマホ持ってLINE使ってるくせに乗っ取り事件知らないってどういうことだよって話です。

そういうやつに限って子どもにスマホ持たせると悪影響を及ぼすとか思ってるんだよなあ。

 - 考察

TKalice

TKalice

高知県でブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。

Feedlyで購読

Comment

  1. こばやん より:

    Google+をググタスって言うのと、GoogleBooksの存在はマジで知らなかったです。
    ちょっとだけ勉強になりました。

関連記事

Facebookユーザーの教養があまりにも低すぎやしないか?

最近はハフィントンポストとライブドアニュースとブロゴスをみる時くらいしかfacebook使っていませんがいつの間にやらコメントが増えましたね。 2年くらい前に登 …

テレビを見なくなって7年くらいになるけど特に何も困らないんだぜ

今日からテレビ絶ちだ!とか思って急に見なくなったわけではなく次第に見なくなっていつの間にかアナログ放送が終了して完全に見ることなくなったわけですが・・・ 月日が …

汎用ロボットが仕事を奪うと将来どうなるの?

先日少し遠出をして大きなショッピングモールに行ってたんですがそこで初めて無人レジを経験しました。 これがスゲー便利で早い。 従来のレジ回りはだいたい横一列にレジ …

自己管理が出来ないのとスマホ依存症は別問題である

「スマホばっか見ないでもっと私を見て!」 覚醒剤で某アーティストが逮捕されたとか話とは関係ないですが今日は依存症の話です。 依存症といえばアルコール依存症、今回 …

仕事の出来ない人は貧しくて当然という考えどうかと思うよ

世の中にはこういう考え方の人って結構多くて特に仕事の出来る頭の良い人に多いです。 日本には所得再分配ってのがあってまあ単純に所得の多い人からたくさん税金取って貧 …

no image
ネットの発言に顔は関係あるのか。誰が言ったより何を言ったかが大事という話

私はこれといってルックスにコンプレックスがあるわけでもないですが、ネットに「ドヤ顔」で自撮りをアップできるほど自信があるわけでもなく、まあ普通にいそうな感じの人 …

日本の携帯電話メーカーって相当酷かったよねと思った話

たまたまだけどここ最近立て続けに携帯電話ネタの記事を読んだので書きたくなった。 まずは今と10年前の携帯メーカーのシェアを見比べてみましょう。 下は2014年度 …

no image
マイルドヤンキーがネオヒルズ族に貢献する

若者研究所のリーダー・原田曜平が著書『ヤンキー経済 消費社会の主役・新保守層の正体』で提唱したマイルドヤンキー。 ここ最近良く目にするので気になって調べてみまし …

先進国の自殺率が高いのはバイタリティが低いからではないか

学生の頃、社会の授業で「貧しい国ではほとんど自殺する人はいないのに対して、先進国では年々自殺者が増加している」って習いましたよね。 当時、これ私のなかで結構不思 …

ド素人でも高級感が増す書評やレビューの書き方

自称オタキング(オタクの王)こと岡田斗司夫さんが珍しくスゲーためになることを話してたので書き起こすことに。 2013年の正月でちょっと古いけど、岡田斗司夫さんの …