高知で働くフリーランサーのブログ

長続きしない人は頑張って続けようとしてはいけない。三日坊主星人より。

      2014/09/18

こんにちは。

今日twitterで100日チャレンジっていう言葉を知ったんだけど(乗り遅れすぎとか言うなw)、私はこれに全くといっていいほど賛同できない。

何故ならそんなことしても私のようなミスター三日坊主だとどうせ続かない上に続いたとしてもあまりメリットがないからである。

この「あまりメリットがない」が大事。

ちなみに私に「100日チャレンジ」を教えてくれたブログ。否定するようですまないがw

jMatsuzakiさん(@jmatsuzaki)が呼びかけた#100日チャレンジを始めてみた

2灰原哀

スポンサーリンク

続く人と続かない人

おそらくこの「100日チャレンジ」というワードが心臓に刺さった人は普段何をやっても続かない(と思っている)タイプの人だと思います。

私も完全にその手のタイプで若い時はミスター三日坊主とか呼ばれたりしました。

で、二十三歳くらいになる頃には何をやっても続かないことはわかってきたので頑張って続けようとすることをやめるようにしました。

そしてそれから数年経つ頃には、続けられそうにないことは初めからやらないようにすることにしました。俗に言うダメ人間ですはい。

何故長続きしないか

長続きしないのには当然理由があるわけなんだけど、逆に長く続くにも理由がある。

私ような三日坊主星人にとって根気良く長続きが出来る人はスゲーなあとか思ってしまうけど、実はそもそもこの「長続きする人と飽きっぽい人」という考え方が間違っている。

長続きしない理由は単純に続ける理由がやめる理由に負けているからなんだよね。

ソクラテスかプラトンだか何か忘れたけど有名な哲学者の言葉に、「いかなる行動でもその人にとっては善である」のような言葉がある。

何が言いたいかって言うと飽きっぽい人が資格勉強を途中でやめるのも、根気良く続けられる人が試験まで勉強が続けられるのも本人にとってはそれが善いと思った結果なんですよ。

つまり続かない人は途中で「やっぱや~めた!」ってしちゃったほうが善いと判断したわけなんです。

長く続く人と途中でやめちゃう人の決定的な違い

例えば大学生とかで同じ資格勉強を一緒に始めて試験日まで勉強できる人と途中でやめちゃう人がいます。

客観的に見ていた人は「長く続いた人は根気のある人」で「途中でやめた人」は飽きっぽい人に見えるかも知れないけど実はそうじゃない。

単純に前者は試験勉強を最後までやりたいと思ってやっただけで、後者は途中でやめたいと思っただけ。

前者は頑張って資格取りたいから、勉強が楽しいから、親に怒られるから、他に特にやることないし時間もあるから等々‥

理由はさまざまだけどとにかく「勉強したい!」と思ったから続けられたわけなんですよね。

逆に後者は他にやりたいことあるし、別にその資格それほどほしいわけじゃないし、他にも道はあるし、メンドクサイし・・・

途中でやめたい理由が腐るほどあったわけ。だからやめただけだけ。

頑張って続けようとすることにあまり意味はない

冒頭でも書いたように頑張って100日続けようと決めても続く可能性は上がらないし、例え続いたとしてもあまりメリットはないと考えています。

何故ならまず、100日という期限を設ける時点でそれはしんどいことだ、やりたくないことだ認定しているからです。

やりたくないから期限を設ける

例えばブログを頑張って3ヶ月間毎日一回更新すると決めた人はブログを毎日更新することをしんどいこと、やりたくないこだと思ってます。

毎日更新することに何の苦もない人は毎日更新するように心がけても最低何ヶ月間のような期限を設定しない。だって何の苦もないんだから飽きるまでそうしたらいいと思っているから。

ダイエットで3ヶ月で5kg落とすと考えている人は頑張って運動して食生活に気をつけることをスゲーしんどいことだと思っている。

だけど元々日常的に運動してバランスの良い食生活の人はその生活を3ヶ月は続けたいとは思っていないよね。

100日間という期限を設定しなけらばならないのはおそらくやらなければならないと感じているけどできればやりたくないこと、もしくはしんどいことなんだよね。

で、何が問題かって言うとこのやりたくないことをやろうとすることが問題。

と私は常々思います。

ホリエモンが好きなことをやれと言い続ける理由

ホリエモンや岡田斗司夫、脳科学の茂木健一郎、心理学者のアドラーが「やりたいことをやれ!」と言い続ける理由は二つある。

一つ目は散々書いてきたけどやりたくないことは続かないんです。

傍から見ればしんどそうなことを根気良く長続きしているように見えても、本人にとってはそれなりに楽しんでいるかも知れない。今はそれをやったほうがいいからやりたいと思っているわけ。

ブラック企業を辞めない人も辞めた後のことを考えたら今日のところはひとまず出社しようと思ったわけなんです。

もう一つ目は『嫌われる勇気』でかなり強調していた部分、刹那に生きろってこと。

2-3年後合格を目指して司法試験の嫌々勉強している人がもし試験に合格できず挫折してしまった場合、その勉強期間はホントスゲー嫌な無駄な期間になる。

もしかしたら受験はおろか、資格自体もなくなっているかもしれないし、少なくとも大幅に改編されて勉強した範囲のほとんどが無駄になる可能性だってあるよね。

2-3年ならまだしも5年とか10年近くなるとホント死にたい気分になりそうだ。

だけど勉強がスゲー好きで別に試験に受からなくても別にいいやくらいに思っていればその人にとっての勉強期間は充実したモノになる。

今は今しかないんだからボンヤリ見えているような気がする将来のために今を犠牲にするような考え方どうなのよ?

ってのがアドラーの考え方。私は大いに賛同します。

それでもやらなければって思う場合

まあそうはいっても、将来や今後を見据えて「やりたくないけどやらないとけないなあ」って思う場面はよく出くわすよね。

ダイエットなんて特にありがちでどう頑張っても肉などの油モノは避けなきゃいけないし運動もしないといけない。

そんなときはどうするか。

私はただひたすら「楽しめる方法」を考えます。

例えばダイエット。私は太ってないんだけどもしダイエットをしないといけない、運動をしないといけないとなった場合、迷わずバスケかバレーか何かのサークルに入る。

サークルに入ってしまえば毎週定期的に運動出来るし楽しいからきっと続く。週一日じゃ不満なら二つ入って週二回運動します。これだけでおそらく普通に痩せると思う。

勉強だって同じ。会社から絶対とれと言われて資格勉強するなら精一杯楽して取る方法を考えます。それが思いつかなかったら上司に意味がない資格だと力説する。納得してもらえなければ会社辞める。それくらい嫌なことはやりたくないw

もし、将来英語が必須だと考えて英語を勉強するならば、EAsportのサッカーゲームのような海外でも人気のあるオンラインゲームで英語圏の人と交流をするところから始めます。

まとめ

ダラッダラ長文になっちゃいましたがまとめると、

「嫌なことは続かないから期限を設けないと出来ないことはやらないほうがまし。それでもどうしてもやらなければならないなら精一杯楽しくできる方法を探しましょう。」

といったとこかな。

100日チャレンジの目的が何かはっきりわからないんだけど前から「続かない人の勉強法」みたいなネタを書きたかったのでこれを気に書いた。

「なんとなく何かとりあえず100日やってみては?」

という趣旨なのかも知れないけど何かとりあえずやる前にやりたいことやれよって思う。やりたいことを探すならまあいいかも。

と、ダラダラ書いた後でちゃんと元ネタ読み返したんだけど、元ネタの人が言いたいことが、結構分かりにくくてどうやら読者にイマイチ伝わってない様子(賛同者たちのブログを見る限り)。

まあいいかw

 - マインドハック

TKalice

TKalice

高知県でブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。

Feedlyで購読

Comment

  1. […] 続きしない人は頑張って続けようとしてはいけない。三日坊主星人より。 -APOLLON- […]

関連記事

世渡り上手が賢いと思っている人は出世できない

こんにちは。 何日か前にこんな記事を見ました。 俺が思う「頭の良い人」の話 – ネットの海の渚にて 要約するとこうだね。 人間関係が幅を効かせるアナ …

no image
蛙の子は蛙はただの思いこみだと思ってる

今年2月頃から現在までネットやテレビを賑わさせている川崎中の事件はおそらく両親の存在が炎上に一役買っている。母親はフィリピン人で父親は未成年の息子に酒やたばこを …

ネット社会だからこそ自分で考えることの大切さ

インターネットって本当に便利です。 調べたら分からないことがだいたいわかります。 だけどだいたいしか分かりません。ここまで成長したインターネットで調べても分から …

勝ち負けに拘る人は思考停止しているのではないか。

先日「そんな絵じゃ食っていけない」という的外れな意見に対して思うことという記事を書いたら、そこで紹介している本の著者(ちきりんさん)がtwitterで拡散してく …

努力は必ず報われるという勘違い

私達は子どもの頃から「ウサギとカメ」のお話や「アリとキリギリス」のお話を聞かされて、 地道に努力した人、誠実に真面目に頑張ることが良い結果をもたらすと教えられて …

「継続は力なり」とは言うけれど継続を持続させるためにはどうすればいいか。

「大切なことは続けること」 これは多くの偉人達が言ってることでもあり、何かを成し遂げるために最も重要な要素であることはおそらく紛れもない事実でしょう。 偉人、有 …

伸びない人はD(Do)しかしない。大半の人はD(Do)さえもしない

twitterのタイムラインでPDCAについての記事を見たので自分も書きたくなりました。 これね。 その作業には計画ありますか?知っておきたい「PDCA」の話 …

継続出来ない人が勘違いしている夢を追える人と諦める人の違い

こんにちは。 先日奥さんに質問された話をここで一つ。 奥さん「何かを貫き通してやり遂げられる人とそうじゃない人の違いってなんだろう?プロになる人は何がスゴイのか …

「上から目線だ」という発言をする人は何故そこまで自己評価が低いのか

ブログやSNSでのコメントでよく「上から目線」という言葉を目にするよね。 別にネット上に限らず「上から目線」って言葉は結構日常的に使われていて、 「な~に?あの …

no image
とりあえず勝てば良いという考え方に対して思うこと

昨年高校野球で話題になった西嶋投手のスローボール問題って覚えてます? 元フジテレビアナウンサーの人が、「世の中を舐めている」とかtwitterで発言したのがかな …