高知で働くフリーランサーのブログ

蛙の子は蛙はただの思いこみだと思ってる

   

今年2月頃から現在までネットやテレビを賑わさせている川崎中の事件はおそらく両親の存在が炎上に一役買っている。母親はフィリピン人で父親は未成年の息子に酒やたばこを薦める等両親の教育問題、家庭問題が取り上げられた。

「母親父親とも事件に対して反省がない」

「子も子なら親も親だな」

「親の教育がのせいだ」

というようなコメントをfacebook等でもよく目にした。

だけど、

「親や教育なんて絶対関係ねえからな」

というのが私の意見。

もし教育と事件が関係あるのならば今すぐにでも母親、父親試験をして資格を持たない人は子どもを育ててはいけないという制度にすべきだし、子どもが事件を起こしたら責任を追及しそれ相応の罪を償う必要がある。

だってそうでしょ?

これがペットだとして、通行人を怪我させたのなら間違いなく飼い主は責任を問われるでしょ?だけどこれってペットに判断能力がないからじゃん?

少年といえど18歳の男にそれがないと思いますか?

まあそんなことはおいといて今日言いたいことは、

子どもは親に似るとか、家庭環境で子どもの将来が決まるとかそんなん全部ウソっぱちだよってこと。

スポンサーリンク

子どもが親に似るのは身体的特徴くらいである

Exif_JPEG_PICTURE
credit: anw.fr via FindCC

私達は小さい頃から大人になってもずーっと「子どもは親に似る」という勘違いを植え付けられている。

「子は親の鏡だ」

「蛙の子は蛙」

と同時に子どもの頃の教育が将来大人になっても影響を受け続けるという勘違いを植え付けられている。

「子は親の背中をみて育つ」

「三つ子の魂百まで」

性格まで親に似るのか

血縁関係がある親子は遺伝子が似ているため、身体的特徴が似ているってことはよくある。私は別に遺伝子工学とかそういうの全然わからないのであれなんだけど、ぱっと見て親子だとわかるくらいに似ている親子が結構いることを考えると顔や身体的特徴が似るというのはまあ間違いないんでしょう。

だけど性格まで似るってのは絶対思い込みだと思う。

というのもまず普通に考えて小学校の頃からじいさんばあさんになるまで性格に変化のない人って普通いないじゃないですか。人によっては小学校の頃と高校の頃で早くも全然違ったりするし、逆に50歳になっても6才くらいの頃とほとんど変わってないなんてありえないでしょ?

だったらいつどこで親に似るんだよ?って話だよね。

第一人の性格なんて他人、もしくは自分の勝手な思い込みで自分が短気だと思っていてもある人から見れば気長に見えているかもしれないし逆も然り。

性格なんて抽象的で曖昧な概念が親に似るとかってのは血液型占いや星座占いレベルだと思うんだよね。

育った環境で子どもの将来は決まるのか

5680007419_4d77dfd59f_z
credit: BC Gov Photos via FindCC

遺伝子レベルで中身まで親に似ると本気で思っている人は少ないかも知れないが育った家庭環境、教育が大人になっても影響すると思っている人は多い。

冒頭で触れた川崎中の事件も18歳少年の家庭環境が事件を起こしたというような意見も多数見られた。

だけどこれも完全に勘違い。育った環境が大人になっても大きく影響すると思っている人はそう思い込んで変わろうとしない怠け者だけである

エリートの子はエリート?

学生時代、クラスの中に一人か二人はレベルの高い学校の進学し大企業に勤める俗に言うエリート街道まっしぐらな人がいたと思う。

彼らの中には親が学校の先生だったりどこかの社長だったりと親が優れていることが多い。

英才教育を施された子どもは当然エリートコースを進む可能性が高い。そう考えると子どもの頃の環境で将来が決まってくるようにも思える。

しかしだからといって東大生のすべてが俗に言う良い御家柄の英才教育を受けた子どもばかりではないし、当然大企業に勤める全員がそれに当たるわけではない。

逆に私の知人に某国立大学の教授で書籍も数冊出版している父を持つ知人がいるけど彼自身全然エリートではない。

彼は小学校の頃からオーストラリアに留学し中学生になる頃には日常的な英会話が出来るレベルの子どもだった。

しかし彼は現在(多分まだ)フリーターでどこかのパチンコ店か警備員の仕事でもしているんじゃないかと思う。少なくとも22歳頃まではそうだった。大学はおろか高校さえ卒業が危ぶまれるレベルだった(ちなみに当時は定時制の高校に通っていた)。

よくテレビドラマなんかにありがちだけどエリート家系に生まれたからといって必ずエリートになるわけでもない。

環境が与える力は多少なりともあるけれど結局最後は自分次第なのだから。

エリートの子が出世しやすい本当の理由

少し話はずれるけど多くの人は良い教師に恵まれている人、良い塾に通える人、教育環境に恵まれている人が学業で成功しやすいと思っているけど実はそうじゃない。もちろんその方が有利なのかもしれないけど、それより重要なことは良い学校に受かって当たり前と本人が思っているかが大切。

ナポレオン・ヒルの『思考は実現化する』という本はあまりにも有名だけど、この本が言いたいことってまさにこのことで、人はそうなって当たり前、そうなるに決まっていると自然に思っているとその通りになる。

だからハイレベルな塾に通う子どもたちが「良くて東大、悪くて慶応かな?」と思っていればおそらくその通りになり、「自分は親に似てバカだから」と思っている普通の子どもはきっと一生バカのまま。

私の親は九九は出来るけど分数の計算が出来ないレベルだったけど「自分は親に似てバカだから」と思ったことは一度もなく逆に「その辺のやつが出来て自分にできないわけないだろ」と常に思っていたのでその辺の人が出来るレベル、つまり平均点レベルの子どもだった。

このブログを始めて3ヶ月後、丁度去年の今くらいか、「このまま書き続けていたら年内(つまり去年内)に月間PV15万くらいでブログ収入は3~4万くらいにはなるかな」と思っていたらまさにその通りになった。

目標と言うよりはこのままいけばそうなるだろうというリアルな数字がそのまま反映されただけ。

ハイレベルな塾に通う子どもたちはきっと「このままいけばよくて東大、悪くて慶応」と思っているからその通りになる(ごめん慶応をバカにするわけじゃない)。

こんな分厚い本もちろん読んでないw

親の呪縛から解き放たれろ

普通の親から産まれて普通の家庭で育った私達はどこかで自分のことを凡人だと思っている。

だけどこれって非常にもったいない。

だって親なんて関係ないんだから。

結局はやるかやらないかだけ。

昨年話題になった本『嫌われる勇気』では親や環境のせいにするのは自分がやりたくないことを避けるためだと説いている。

本当は努力するのがめんどくさくて嫌なだけでそれを避けるために「自分は親に似てバカだから」とか言ったりね。

結局はやるかやらないかだけなんだよね。こちらは読んだ。

 - マインドハック

TKalice

TKalice

高知県でブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。

Feedlyで購読

関連記事

自分を変える手っ取り早い方法はアイデンティティを変えること

勉強も仕事も出来ねえしダサイから女の子にもモテない。 そんな自分を変えたいと思ってスポーツ初めてみたり美容室行ってみたけど全然効果ない。 自分を変えることって結 …

ネット社会だからこそ自分で考えることの大切さ

インターネットって本当に便利です。 調べたら分からないことがだいたいわかります。 だけどだいたいしか分かりません。ここまで成長したインターネットで調べても分から …

伸びない人はD(Do)しかしない。大半の人はD(Do)さえもしない

twitterのタイムラインでPDCAについての記事を見たので自分も書きたくなりました。 これね。 その作業には計画ありますか?知っておきたい「PDCA」の話 …

努力は必ず報われるという勘違い

私達は子どもの頃から「ウサギとカメ」のお話や「アリとキリギリス」のお話を聞かされて、 地道に努力した人、誠実に真面目に頑張ることが良い結果をもたらすと教えられて …

「上から目線だ」という発言をする人は何故そこまで自己評価が低いのか

ブログやSNSでのコメントでよく「上から目線」という言葉を目にするよね。 別にネット上に限らず「上から目線」って言葉は結構日常的に使われていて、 「な~に?あの …

世渡り上手が賢いと思っている人は出世できない

こんにちは。 何日か前にこんな記事を見ました。 俺が思う「頭の良い人」の話 – ネットの海の渚にて 要約するとこうだね。 人間関係が幅を効かせるアナ …

成功したいとか言ってる人は何を目指したいのか教えてくれ。

ブログを書いているとたまに、 「成功者でもないくせに」 というようなわけの分からないコメントを頂くことがあります。本当にわけわからない。 「成功者って何?」 っ …

リア充は何故充実出来るのか。別に羨ましくなんてないけど。

インターネットの世界では情報の流れが速く、もう忘れている人も多いですが、デブでブサイクでメガネの三重苦を持っているにも関わらず信じられないくらいの女性関係を持っ …

長続きしない人は頑張って続けようとしてはいけない。三日坊主星人より。

こんにちは。 今日twitterで100日チャレンジっていう言葉を知ったんだけど(乗り遅れすぎとか言うなw)、私はこれに全くといっていいほど賛同できない。 何故 …

成長する人と成長しない人の決定的な違い

2014年も残すところ、後1ヶ月半となりました。 一年って過ぎてしまえばあっという間ですが、人が変わるには十分な期間です。 ブログやってる人は一年前の自分の記事 …