千葉で働くフリーランサーのブログ

「そんな絵じゃ食っていけない」という的外れな意見に対して思うこと

   

何日か前に私のブログを読んだ人が奥さんの絵を見て、

「その腕じゃ食っていけない」

みたいな批判コメントをしてくれた人がいました。

こういう人って特に絵みたいなアーティストと呼ばれる業界に多そうなイメージなんだけど、アーティストじゃない私から言わせてもらうと、

ちょっと的外れ過ぎです。

絵で稼いでいきたい人がを毎日一生懸命練習して腕磨くことは大事だけど、正直世の中で絵を書いて稼いでいる人って「絵」を描いている人が一番解っていると思うけど「上手い人」ばかりじゃない。

例えば最近話題の「LINEスタンプ」とかも上位にいる人達はわずか3カ月で100万以上って人もいるみたいだけど、見てみてくださいよ。

google検索

上手い人いますか?

「流石にすごい!」

「この人にはどう頑張っても勝てる気がしない」

そんなふうに思えるクリエイターいませんよね。

おそらく多くのデザイナーやイラストレーターは、

「なんであんな下手な絵が売れるんだよ!」

って思ってるはずです。

だけどそう思っている人はきっと絵で稼ぐ方法を理解出来ないでしょうし、絵で飯を食うなんてことも出来ません。

私は「絵」で稼ぐ場合も、「音楽」で稼ぐ場合も「ブログ」で稼ぐ場合も大事なのはその技術ではなくマーケット感覚だと断言出来ます。

スポンサーリンク

マーケット感覚とは何か?

著名ブロガーちきりんさんが今年2月に発売された著書に、「マーケット感覚を身につけよう」というモノがあります。

これね。

「マーケット感覚」という言葉はちきりんさんが生み出したモノかどうか知りませんが、この言葉は今日というか日頃から私がクリエイターと呼ばれる人達に伝えたい話にとてもマッチしている言葉なのでたくさん使わせてもらいますw

マーケット感覚とは激しく変化する時代の流れを読み解いて「これから何を学ぶべきか」、「何に価値が生まれるか」といったことを感覚的に見抜く力です。

下手な絵でも売れる理由

先ほどのLINEスタンプの話に戻りますが、一般人が自由に販売出来るクリエイターズスタンプのランキング上位にとてつもなく上手い絵の人はほとんどいません。

クリエイターズスタンプ

しかし売れます。

絵が上手いか下手かに拘る売れない絵描きさんの多くはこれが何故か理解できません。

答えは簡単。

購入する人が上手い絵なんて求めていないからです。

有名な画家が描いた美術館に飾られている絵画のような美しいLINEスタンプ、果たしてどれだけの人が欲しがるでしょうか。

LINEを使ったことがある人ならわかると思いますが、LINEはメッセージアプリと呼ばれるアプリで、その用途は人とのメッセージのやり取りです。

なのでLINEを使用する人は「了解!」や「ありがとう!」、「ごめんなさい!」といった場面でスタンプを使用します。

そのスタンプが可愛かったり、面白かったりすれば送られてきたLINEユーザーの中にそのスタンプが気に入る人が出てきて買ってくれる可能性が高まります。

美しく描かれた絵なんて一瞬良く見えても使いどころがありません。使われないスタンプは宣伝して多少売れたところですぐに頭打ちです。

素人だから余計にわかるんですが、絵に関して知識のない人に「絵が描ける人が言う上手い絵」なんてモノは解りません。

だからうちの奥さんの絵がたとえ「絵が描ける上手い人から見たら下手な絵」でも別に何も問題ないんです。だって「絵が描ける人」向けに売っているわけじゃないんですから。

※ちなみに絵が描ける人からもちゃんと評価はされています。

消費者を意識する大切さ

「絵の上手さ」に拘る人は自分が売れない理由は「自分の絵が下手だから」とは思っていません。

「消費者が自分の絵を理解出来ないから」と思っています。

この考え方は消費者を無視している他なりません。

「絵を描く人達」が言う上手い絵を描いても子どもには理解できないし私にも理解で来ません。そのためマーケットは「絵を描く人達」という狭い範囲に限られています。にも関わらず一般消費者に売ろうとする。

これは女子高生に「毛生え薬」を売っているようなもんです。だから売れないんです。

ちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」の序盤にANAのライバルは何か?

という質問があります。

この質問に対して航空業者視点からすればJALや最近だとLCC等が上げられます。

しかし消費者視点で見れば例えば香川県から東京へ行く人は飛行機以外にもバスや電車、新幹線を利用する人もいる。すなわち交通手段すべてがライバルになりうることに気づけます。

さらに踏み込んで当事者視点で見ると、そこへ行かなければならない理由が見えてきます。例えば本社で会議があるための出張だった場合、仮にビデオ会議を導入すれば飛行機に乗らずに済みます。

消費者、利用者を意識することで「何が売れるか」「何故売れないのか」「どう売っていくべきか」が見えてきます。

「絵が上手い人達」はこの消費者視点でモノを考えることをしようとしません。

「なんであんな下手な絵が売れるんだろう」

「私の方が上手いはずなのに」

「あいつらは私の絵が理解出来ない」

とか言ってる前に自分が出来ることを分析してマッチングする消費者に向けて提供することを考えるべきです。

というわけでさらっとしか読んでないけどすべての現代人にオススメ。

 - 書評

TKalice

TKalice

ブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。高知から千葉に移住しました。

Feedlyで購読

Comment

  1. ちきりんのツイートから来ました より:

    けっきょく奥さんの絵は売れてるのでしょうか?
    売れてないなら、奥さんは「絵の腕」もないし、「マーケット感覚」もないってことになりますよ?

    それとも重要なコトですが、ちきりんさんも言ってるとおりマーケット感覚は後からでも身に付けられます。

    つまり「絵の腕」がある人が後から「マーケット感覚」を身につけることはできるのです。
    「絵の腕」+「マーケット感覚」の両方を兼ね備えた人に、「絵の腕」がないあなたの奥さんが勝てますか?

    • TKalice TKalice より:

      見ているかどうかわかりませんが真面目な話をすると奥さんは絵を売ってるわけではありません。

      今はアパレル関係の会社から専属で服飾デザインの仕事を受けているのでそれしかやってません。腱鞘炎なのでそれ以外の仕事は受けないようにしています。

      服飾デザインに例えばpixivの絵師さんが書くような絵の技術は必要ありません。
      マーケットが全く違うんです。

      確かに絵は上手い方が有利なことが多い場合もあるかもしれません。
      しかし例えばぴよたそというフリー素材の中の人のレベル(失礼なたとえですいませんw)でも書籍の表紙に採用されたりするわけですからマーケットによっては技術が殆ど必要ないわけです。

  2. […] 記事⇒「そんな絵じゃ食っていけない」という的外れな意見に対して思うこと […]

  3. ひーさん より:

    奥さんの絵大好きです( ´ ▽ ` )ノ
    勝つって誰と戦うんですか?キョトンとしてしまいました。。。
    いろんな意見があるのも注目されてるからなんですよね。私の絵はスルーされまくってます{(-_-)}

関連記事

『日本人の働き方の9割がヤバい件について』という本についてと思ったことを適当に。

先日少し紹介しためいろまさん(@May_Roma)著の『日本人の働き方の9割がヤバい件について』が無事Kindle版でも発売され、さっそく読んでみました。 これ …

オススメの自己啓発本を100冊くらい読んだ人が教える。

20歳くらいから23歳くらいまでの約3年間、私は自分が将来どうなるのか?これからどうすればいいか?何がしたいのか?どうすれば幸せになれるのか・・等、よくいる最近 …

2014年特に何も買わなかったので読んで面白かった本をまとめる

どうもこんにちは。 後数日で今年も終わりです。早いもんですね。 ブログやってる身として、今年買って良かったものとかそういうネタ書きたいんだけど、このブログでそう …

秋だから人生がちょっと変わるかもしれない若者におすすめの本を紹介

「人生を変えた」って言うと大げさかも知れないけど「かなり変わった」くらいの本は誰にでもあるよね。 私は若い頃は本が好きで結構たくさん読みました。特に二十代前半の …

レイヤー化する社会と東方ビジネス

今更感が否めないですが佐々木俊尚さんのレイヤー化する社会を読みました。 Amazon.co.jp: レイヤー化する世界―テクノロジーとの共犯関係が始まる (NH …

すぐに怒る人は怒ればなんとかなると思っている

私は基本的に温厚ですが言いたいことを我慢をしないようにしているのでどちらかといえば自分では怒りやすいほうかなと思ってます。 まあそれでも年に数えるくらいにしか怒 …