千葉で働くフリーランサーのブログ

ボーナスの為に働くのはもう辞めにしないか

   

冬のボーナス話題になってる頃だね。

冬のボーナス、2014年はいくら貰える? 増える業種、増えない業種

私はボーナス制度がとても嫌いなんだよね。

いやもちろんもらえるもんは貰うし嫌いだからってドブに捨てるようなことはしないけど。

だけどボーナスってなんというか、「てめえらコレが欲しいんだろ?だったら頑張って働けよ!」って感じで目の前にエサぶら下げられてる家畜の気分になるから嫌い。

エサに釣られて頑張ってる会社員はまさに社蓄だよね。

やれやれ

スポンサーリンク

ボーナスの役割

そもそもボーナス、賞与ってのが何で必要かというと当然従業員のやる気、士気を上げるため。年に2回、2か月分の賞与ってやっぱり結構デカくて頼りにしている人は多いよね。

でも従業員のやる気上げたかったら毎月の賃金上げろよって私は思うわけ。

月の総支給が30万の人のボーナスが例えば夏と冬の年に2回、2か月分のボーナスだったとすれば120万になる。

コレをボーナスじゃなくて月収に支払われれば120÷12で毎月10万加算されるわけだ。

私としてはこちらの方が断然うれしいしやる気もでるよ。

だけどそうせず、わざわざボーナスっていう形にするのには理由がある。

固定給は下げることが出来ない

一度昇給させてしまった給料は理由もなく下げることが出来ない。従業員にも生活があるからね。

何か不正を行ったり会社にとって重大な不利益をもたらすようなことをしたり、もしくは会社自体が経営難で下げざるを得ない場合等、正当な理由がないと賃金は下げられないらしいです。

だけど一方で賞与、ボーナスにはそんな決まりがないんだよね。

「あいつにはあんまり期待できないから少なめにしとこう」

「あいつは他に行くとこもないだろうからボーナス少なくても辞めないだろう」

って感じである程度支払者が自由に決めることができるわけ。

法律上守られている毎月の賃金と違って賞与は完全に支払者の裁量によって決まる。

むかつくと思いませんか?

ボーナスに踊らされるな

ボーナスってのは貰えてラッキーなおまけのようなもんです。

昔はどうだったか知らないけど、最近はボーナスがない会社も多いし、これまであったボーナスがなくなったり大幅にカットされたりって会社はざらにある。

そもそもいつどの会社が倒産するかもわからない時代にボーナスが永続するなんて思っているのはスゲー危険です。

長期ローンにボーナスを組み込むタイプもあるらしいけど2000年以降に就職した私からすればまじでありえない。ただでさえ長期ローンなんてありえないのにバカすぎじゃねって思います。

ボーナスの為に頑張るな

「ボーナスちょっとでも多く貰いたいやん?」

私が上司に幻滅した一言です。

いや別にあてにしてないからそんなもん。

おまけですよ。当たりが出たらラッキーみたいなもんです。

アイスの当たりを引くためにアイス買いまくる人なんていないでしょ?

おまけのために頑張るなんてバカらしいし何かむかつきますやん?

ボーナス前だからいつも以上に頑張るとか。

そういうの社蓄っていうんですよ?

って言ってやりたかったけどそんなこと言えないですはい・・・w

ボーナスなんかあてにするより自分の為に時間使いましょうや。

そのほうが自分のためになるし効率よく稼げる場合もありますよ?

ボーナスのために働くってのは自分のためじゃなくて会社のために働いてるようなもんです。今すぐ辞めましょう。

 - 仕事観

TKalice

TKalice

ブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。高知から千葉に移住しました。

Feedlyで購読

関連記事

現代の仕事に関する話とフリーランスという働き方

ネットや携帯電話等の登場によって過去と現代では働き方が変わってきました。 私たち人間の寿命は約80年、そのうち仕事をするのは20~60歳までの約40年間、歴史的 …

正社員に向いている人と向いていない人

今の会社に入社して一年くらいは割りと楽しくやっていたけどここ最近はもうめんどくさくて嫌になって「辞めたいなあ」とか思っている28歳男です。 ※2016年7月追記 …

残業代なんかむしろ出ない方がいい。

twitterにてキャッチした記事。 <ブラック企業>学生と企業の認識の差 給与金額で顕著に (毎日新聞) – Yahoo!ニュース   …

若者が興ざめする絶対やってはいけない上司の言動ベスト10

会社員ってのは大変です。 客から文句言われ、上司からも文句言われ、これで家庭が上手くいっていなかったら目も当てられません。 特に中間管理職と呼ばれる立場は一番キ …

ホウ・レン・ソウが出来ない人は会社員に向いていないかなと思った話

報告、連絡、相談をひっくるめて報・連・相(ホウレンソウ)というらしい。 あまりにも有名で、どこの会社に行っても基本とされているところが多く、前面的に押してはいな …

やりたいこととお金を稼ぐことを両立させるためには

事業やってる人とか、プロスポーツ選手とか、アーティストとか、客観的に見ていると自分のやりたいこと、好きなことをやってお金を稼いでいるように見えます。 だけど彼ら …

失敗は成功の母とか言われる理由

海外のことは知りませんが、少なくとも多くの日本人は失敗を恐れて失敗することを避けようとしますよね。 一般的な学校教育や家庭、会社でそういう風になっているわけです …

法人営業で最もツライと思うこと

仕事辞める! と宣言しながらもダラダラ通ってる28歳男です。奥さんにはさっさと辞めろと毎日言われますw 土曜日はいつもなら休みなんですが月に一度会議という無駄な …

クールビズという空気読め感に耐えられない話

本当はクールビズに突入する6月より前に書きたかったんですが忘れてた間にいつの間にやら5月が終わっちゃってました。 もうこのネタいいかなとおもってたんですが、今日 …

情弱から金をむしり取るのは悪いことなのか

インターネットが普及して、スマホが普及して、本当の意味で国民のほぼすべてがインターネットを利用するようになった現代、本当に情報社会と呼べる時代になったのあと感じ …