千葉で働くフリーランサーのブログ

結婚記念日を重視する人と私は結婚できない。

   

誕生日やクリスマス、結婚記念日、バレンタインみたいな記念日とか年に一回訪れるイベントみたいなやつあんまり好きじゃないんですよ。

だって物理的に何か特別なことが起こるわけでもないしチョコレートの贈り物なんてやろうと思えばいつでも出来るじゃないですか。

ボーナス月ならちょっとお高いディナーにも行けるし付き合って○ヶ月みたいな文字入れたプリント倶楽部もイオンに行けばいつでも撮れるわけです。

街中をイルミネーションで飾ることは出来ないけど家でケーキ食べることはいつでも出来る。

別に12月25日が最適でも何でもない。

って思うのは私だけでしょうか?

ってことを言うとだいたい普通の女子には理解されない。そしてこうなる。

PAK100_bintabureru20140301500

スポンサーリンク

イベントにうるさい人は嫌いです

イベント自体別に好きじゃないけど嫌いってわけでもないです。

だけどイベントにうるさい人はスゲー嫌いなんですよ。

私の会社の同僚はいつも遅くまで仕事しているけど毎年結婚記念日には一早く帰ります。

「嫁がうるさくて・・・」

とか言ってるけど本当のところ自分もその日だけは・・・って思っているはず。

いや別にいいんですよ。他所の家のことなんて。

だけどコレが自分の嫁だとまじで嫌だよね。

別に興味ないのにクリスマスにもみの木飾ったり、冬のクソ寒い日に出掛けてプリクラ撮りに行ったりとかね。イヤですよそんなのw

そうは言っても結婚記念日を忘れていたら普通はこうなる。

PAK86_jyoseibunnaguru20140321500

愛が足りない?

記念日を忘れる人に対して「愛が足りない」、「ホントに好きなの?」的なことを言い出す人って結構います。それが原因で喧嘩になったり。

愛なんかないですよ。記念日なんかに。

クリスマスとか、誕生日とか、結婚記念日に愛を持ってどうするんですか。

特別な日なんてないんですよ。貴重な日なんてないんですよ。

あるとすれば今日で、明日になれば今日は過去に過ぎ去った結婚記念日と同じく戻ってきたりしない。毎日が同じくらい特別だってことです。

年賀状が嫌いです

年賀状を出さない人は非常識らしいです。

去年の暮れに会社で年賀状の話題になった時、年賀状を誰に出すかじゃなくて出さない以外の選択肢がない私は非常識な人扱いを受けました。

私からすれば普段手紙なんか書かないクセに空気を読んで腹の中では「メンドクセーな」と思いながら書いてる方がどうかしてると思う。

「明けましておめでとう」

って何が明けておめでたいのかわからない。

平成25年が平成26年に変わったところで私達の生活は自分で変えない限り何も変わらないんですよ。

資格取って「おめでとう」とか、結婚して「おめでとう」とかなら分かるけど、年賀状の「明けましておめでとう」は冷静に考えるとエヴァンゲリオンのラストのおめでとうくらい意味の分からない常識だよね。

記念日なんて回りに流されてるだけ

クリスマスも、バレンタインもお正月も所詮マスコミとモノを売りたい企業に踊らされているだけです。

そもそもバレンタインやクリスマスなんて日本の歴史に何も関係ないしどちらかというと12月23日の天皇誕生日の方が重視されるべきなんじゃねえの?って思う。

そんなしょうもない風潮に感情を流されて行くこたねえよ。

結婚記念日だってみんなが記念日だから記念日なわけで誰も結婚記念日なんか気にしない風潮ならきっと誰も気にしないと思いますよ。そもそも結婚なんて概念がない時代ならそんなもんあるわけないからね。

特別な日なんてないんですよ。

あるとすれば二度と戻ってこない今日、毎日が特別。

ちなみにうちの奥さんは私以上にクリスマスに興味がない。変わってるよね。

 - 雑記

うみ

うみ

ブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。高知から千葉に移住しました。

Feedlyで購読

関連記事

高知で消耗したので関東に引っ越すことにしました

こんにちは。タイトルは言いたかったやつです。深い意味はありません。 ごく一部の人にはお伝えしていますが、4月中頃に高知から関東に引っ越すことにしました。 先日家 …

悪魔の証明の話と会社でよくある「本当にちゃんと探したのか?」って質問に答える方法を考えた。

ハマちゃんのようなゆる~い記事を書きたくなる時ってたまにあります。大抵はTwitterで済ましますが今回は長くなりそうなので・・・ サンタクロースの記事を読んで …

no image
ブロガーという生き方はツライ。

かなりご無沙汰のエントリーとなりました。 世の中にはごく一部ですが、ブロガーという生き方を選んでいる人がいます。 ブロガーという生き方は簡単に言えばブログで情報 …

何故あなたはツマラナイ人間なのか?

友達と呼べる人も少なくて、女の子にもモテなくて会社でもパッとしない。 隣の同僚は仲間も多いし女子にも人気ある。 どうせ俺なんか・・・ 子どもの頃に「大人ってなん …

なんだかんだで自分が変わるしかないよね

貧困問題とか格差社会とか少子高齢化社会とか待機児童問題とか・・・ 日本っていろいろ問題があって、社会が悪いとか国が悪いとか、文句言ってる人twitterでもfa …

社員旅行のついでに沖縄のキャバ嬢にインタビューしてきました。

以前社員旅行で沖縄に訪れた際、ド定番の国際通りから徒歩で10分くらいの松山にあるキャバクラというお店に行きました。決して女遊びがしたくて訪れたわけではない。 ブ …

田舎者だけどブロガーが集まるイベント(ブロフェス2014)に参加した。

昨日(8月23日)はブロガーにとって年に一度の一大イベント。 ブロガーズフェスティバル、通称ブロフェスなるものが開催されました。 2014ブロガーズフェスティバ …

日本人は少々マスコミに踊らされすぎな気がする

いや、日本だけじゃないのかもしれませんが・・・ 最近シェアオフィスに行くようになってここ10年間で考えるとありえないくらいテレビを観てます。テレビ点けてるから。 …

「タバコ代貸して^^」フリーター時代に遭遇したとんでもない客ベスト5

私はフリーター時代が長かったため、ゲームセンターやコンビニ、スーパーマーケットや家電量販店等、多数の小売店でのアルバイト経験があります。 一般顧客が出入りする小 …

霊感の強い人は本当に霊が見えているのか。

夏の風物詩といえば花火やお祭り、スイカ割りに風鈴、そして肝試しですよね。 暖かい季節になると心霊現象ネタがテレビやネットを賑わします。夏に幽霊たちが活発になるの …