千葉で働くフリーランサーのブログ

クールビズという空気読め感に耐えられない話

   

本当はクールビズに突入する6月より前に書きたかったんですが忘れてた間にいつの間にやら5月が終わっちゃってました。

もうこのネタいいかなとおもってたんですが、今日そのクールビズに関するツイートを見かけたので言いたいことを書くことにしました。

これね。

スポンサーリンク

クールビズの季節に毎年思うこと

今年の5月はやたら暑かったですよね。特に私の住む高知県では最高気温が30度くらいあるんじゃないかと思う日も多かったわけで。ホント、ここ最近の暑さはなんか日光が刺さるような暑さですね。

で、多くのサラリーマンは暑くなってくると思うわけですよ。

「ネクタイ、邪魔くせえなあ…」

ってね。

私も結構そう思う日が多くありました。

でも後もう少しで6月だから・・・

で、6月に入ってノーネクタイOKになってかなり快適です。ネクタイって暑いだけじゃなくて結構メンドクサイんですよ。結ぶのも結構時間掛かるし。

これから9月末くらいまでネクタイする必要がなくなります。これはかなり快適です。

ネクタイって誰得なの?

きっとネクタイめんどくさいって思っている人多いと思うんですよ。

少なくともネクタイが大好きでクールビズなんて文化嫌いだって思っている人、多分ほとんどいないと思います。

で、思うわけですよ。

「誰得なのネクタイって?必要なの?」

夏は暑いからノーネクタイってのは確かなんだけど冬は寒いからネクタイ締めろってわけじゃないじゃん?

いや分かってるんです。そんな話じゃないってこと。

昔からあるよくわからん文化の一つにすぎないんですよね。ちなみにネクタイははるか昔ヨーロッパの兵士が首に巻いていた奥さんからの贈り物が起源らしい。

で、その文化が現代まで残っていて会社員の服装はスーツにネクタイって決まっている。決まっているからみんなそうやってる。

だけど2005年頃から6月~9月の間はクールビズだからネクタイしなくていい決まりになった。

しなくていい決まりになったからみんなしなくてよくなった。

何なんだよそれ?

冷房の節約、エネルギーの節約という大義名分が成り立つなら、ネクタイだって無駄以外の何物でもねえんじゃねえの?

あれだって毎日使っていれば消費しますし古いモノは捨てて新しいモノを無駄に買ってます。作っている人、売っている人達には申し訳ないけどファッション性をほとんど必要としない普通の会社員にとって無駄以外の何物でもない。あれを作っているところは無駄にエネルギー使っているわけです。

いや、いいところもありますよ。個性発揮できるし話のネタにもなる。

だけどもし仮にネクタイを付けなさいという空気読め感がなくなったら会社員は誰もネクタイなんかしませんよ多分。

というわけでネクタイが嫌いです

d75a7ca3d40fe91066e329594a0bd5dd_s

めんどくさい以外の何物でもないです。特にクールビズがあるとそれ以外の期間は「空気読むだけのために身につけている感」しか感じないので余計に嫌いです。

ファッションで身につけている人については否定しません。

冒頭に貼ったツイートでは「1月にネクタイしてないと品位に欠ける」と言われていますが、本気でそんなこと思っている人なんてきっとほとんどいないんじゃないかなと思います。

本音はこう。

「1月にネクタイしないとか空気読めよ」

「俺はめんどくさいネクタイしてるのにお前はなんでしてないんだ」

「みんなしてるのにズルイ」

といったところでしょうか。

そういう決まりなんだから従えよって思える人は、会社員向いているんだろうなあ。

 - 仕事観

TKalice

TKalice

ブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。高知から千葉に移住しました。

Feedlyで購読

関連記事

正社員に向いている人と向いていない人

今の会社に入社して一年くらいは割りと楽しくやっていたけどここ最近はもうめんどくさくて嫌になって「辞めたいなあ」とか思っている28歳男です。 ※2016年7月追記 …

ホウ・レン・ソウが出来ない人は会社員に向いていないかなと思った話

報告、連絡、相談をひっくるめて報・連・相(ホウレンソウ)というらしい。 あまりにも有名で、どこの会社に行っても基本とされているところが多く、前面的に押してはいな …

嫁に会社辞めてもいいかなと聞いた結果。

本当は毎日ブログ更新したいんだけどここ最近仕事が忙しくてもうね。さすがに無理w バカみたいに遅くまで仕事したくないから仕事放って置いて21時には帰るようにしてる …

今の時代正社員で働いてもほとんどの人が幸せにはなれない

前回チラッとお話しましたが私は今の会社に入社する前は長いことフリーターをやっていて、その頃はそれなりにまともな会社で就職して真面目に働けば、まあそれなりに幸せな …

モノが売れない時代にどうやって営業していくのか

「良い物を作っても売れない」 そんなことを言われるのが当たり前になりつつある時代にモノを売るってスゲー大変です。 私も(仮にも)営業職という立場なのでその「モノ …

現代の仕事に関する話とフリーランスという働き方

ネットや携帯電話等の登場によって過去と現代では働き方が変わってきました。 私たち人間の寿命は約80年、そのうち仕事をするのは20~60歳までの約40年間、歴史的 …

仕事が嫌だってのは勘違い。世の中の働く人はそれなりに仕事が好きである。

「好きなことを仕事に」ってワードをtwitterのタイムラインで耳にタコならぬ目にタコが出来るほど目にしたわけですがtwitterにはリツイートを表示させない機 …

会社員を辞めてフリーランスになって半年くらいになるので新卒フリーランスについて言いたいことを書く

勢いで会社を辞めてもう半年くらい経ってます ※実はもっと経ってます。 ちなみに奥さんの両親には会社を辞めたことを伝えていません。車買い替えるまではそのままでいい …

ワーカホリック(仕事中毒)な中年男性の本音

先日会社の忘年会第二弾がありました。 酒を好まない私にとって飲み会全般好きになれない上に、仕事の外で繋がりを持ちたいなんて一切思わない私にとって、会社の飲み会は …

仕事が出来る人ほど社蓄になりやすいけどそれはそれで幸せなのかもね

社蓄って多分家畜から来てるんだろうけどすっごくフィットした言葉ですね。単なる流行語や現代用語ではなくてずっと残っていく言葉だと思っています。 私は現在電気設備関 …