千葉で働くフリーランサーのブログ

ネットで発信するということは誰かを傷つけているかもしれないという話

   

ネットは気軽に自分の言いたいこと、やっていることなどの情報を発信することが出来ます。

個人が趣味でやるブログやTwitter、Facebook等のSNSはその場所のルール(例えばアダルトがダメとか)に則ってさえいれば、ある程度自由に発信することが出来ます。

自由に発信することが出来るわけですが、発信することで閲覧する人の中には気分を害する人や傷つけてしまう人が出てくるということを知っておいて欲しいのです。

という話をちょっとしたくなりました。

スポンサーリンク

仕事辞めれば良いと発信するのは自由だが…

これを書こうと思ったのは、とある病気(うつ病のようなものだと思ってください)を患っている友人と話をしていた時です。

その友人は自身の病気と闘いながら、会社で一生懸命働いています。うつ病ではないんですが、まあ人からあまり理解されない病気なので、うつ病のようなものだと思って読んでいただけたらと思います。

つまり自分はうつ病を患っているけど、それでも今の会社で「生活をするために」、「会社に貢献するために」、「お客さんの期待を応えるために」働いてます。

本人は結構しんどいはずなので、

「そんな仕事辞めて実家に帰ればいいじゃない?」

って思っちゃいますが、本当に前向きに頑張っている人相手にそんな気軽に「辞めたらええやん」って言えないんですよね。

マラソンで優勝したくて一生懸命走っている相手に「歩けばいいじゃん。優勝しても一銭も儲けにならんよ」なんて言えないじゃないですか。そんな感じで無責任に言えないんですよね。

それを理解出来るは多いと思います。

が、ネットには、

「仕事なんてさっさと辞めてフリーランスになりましょう!」

とか、

「会社員なんてやってる人はバカですよ」

みたいなことを言っている人が腐るほどいるわけです。

今病気を患っていて、それでも前向きに頑張っているがそれを見て、

「何だ、会社員やってる俺バカじゃん…さっさと辞めよう」

なんて簡単に思えるでしょうか。

病気を武器に発信するのは自由だが…

私は別に自分の病気や身体的特徴、その他何かしら大多数の人が経験していない過酷な人生、生活を武器に発信することは別に問題のあることだとは思っていません。

しかし中にはそれを見て不快に思う人ってやっぱりいるんですよね。

毎年夏になると話題になる24時間テレビなんてのがその代表です。

24時間テレビは障害を持った方々がすげー前向きに、「私達は障害を持ちながらも前向きに頑張ってる」というものすごく良い綺麗なお話を提供しているわけですが、やはりそれを見た(同じ障害に苦しんでいる人達)が前向きに捉えられるかというと必ずしもそうじゃないと思うんです。

「私はそんなふうになれない」

「世の中そんな美談ばかりじゃない」

「前向きに生きることを強制されている感じがする」

そう思う人だっているわけです。

私の友人は病気を患いながらも会社員として働いているわけですが、同じ病気を持っていることをネタにしてブログを書いている人(無職)に対して嫌悪感を持っています。

「こっちは堪えて頑張ってるんだよ!」

別に頑張る必要ないといえばそれまでですが、頑張っている人に対して「頑張るな」って簡単に言えないんですよね。

自分の解釈がすべて、というのは間違い

当たり前ですが、同じ意見でも人によって考え方、捉え方は変わってきます。

人によって変わってくるから意見をまとめるリーダーが必要ですし、戦争も起こるわけです。

人によって解釈、考え方が違ってくる以上、情報を発信する人は批判をされることもあるでしょうし、中には攻撃してくる人も出てくるかもしれません。

しかし批判されるということはどこかで読み手の気分を逆なでしていたり、傷つけていたりするんですよね。

ブログやSNSで発信する人はそれを頭の片隅に入れてほしいなと思ったりしました。

 - 雑記

TKalice

TKalice

ブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。高知から千葉に移住しました。

Feedlyで購読

関連記事

あまりにもスタンダード過ぎて意外だと思った商標登録されている製品

商標とは、私達購入者側の人間がその商品や役務の出所(誰が提供しているか)を認識可能とするために使用され、購入したい商品、または提供を受けたい役務を選択するために …

私が嫌韓、反韓な人を嫌う理由

新大久保の人気韓流ショップが倒産したらしい。まあそうだろうね。 新大久保の人気韓流ショップ『韓流百貨店』が倒産 韓流ブームが本格的に終止符? – ラ …

「上から目線だ」という発言をする人は何故そこまで自己評価が低いのか

ブログやSNSでのコメントでよく「上から目線」という言葉を目にするよね。 別にネット上に限らず「上から目線」って言葉は結構日常的に使われていて、 「な~に?あの …

霊感の強い人は本当に霊が見えているのか。

夏の風物詩といえば花火やお祭り、スイカ割りに風鈴、そして肝試しですよね。 暖かい季節になると心霊現象ネタがテレビやネットを賑わします。夏に幽霊たちが活発になるの …

no image
ライターよりブロガーやアフィリエイターの方が良い仕事だという考え方について

もうかなり前の話ですが、 「ライターよりブログやった方が稼げるからブログやるべきだ」 「ライターよりサイトアフィリエイトの方が稼げるから(以下同じ)」 みたいな …

悪魔の証明の話と会社でよくある「本当にちゃんと探したのか?」って質問に答える方法を考えた。

ハマちゃんのようなゆる~い記事を書きたくなる時ってたまにあります。大抵はTwitterで済ましますが今回は長くなりそうなので・・・ サンタクロースの記事を読んで …

no image
学校を休んで家族旅行はありだという回答が多かったことについて思うこと

facebookはもはやニュース記事しか読まないような使い方になってしまっている私ですが、先日ちょっと面白い記事を見つけました。 というかただの炎上ネタ?ハフィ …

本を読んで思ったことや感じたことを書けっていう無理ゲー

学生は夏休み真っ盛り。小学生の夏休みの宿題といえば自由研究や工作等自由度の高い、ある意味無理難題とも呼べる創作系ばかり。 私は今こうして毎日のようにブログで文章 …

国籍は洗脳だというアメリカ人の意見に激しく賛同した話

twitterってのは相変わらずいろんな人がいて面白いです。 1000ファボアカウントをフォローしていると全く接点のない人の意見や考えが聞けたりでとても面白い。 …

他人の悪口ばかり言うことの問題点

人の悪口ばっかり言う人っていますよね。 ※「ばかり」というのがポイント。どんなに優れた人格者でも人の悪口を言いたい時は誰だってあります 口を開けばだいたい人の悪 …