千葉で働くフリーランサーのブログ

古参の人、古株の人が新しい世代にごちゃごちゃ口出しする理由

   

仕事、趣味問わずどんな業界でも、どんな集団でも何年かの歴史がある集まりだと古参、古株の人と新しく参入してくる新人、新勢力のが生まれてきます。

するとどんな業界、集団でも古い人と新しい人で衝突とまではいかなくても少し口論になったり古い人から新しい人に口出ししたりということがよく起きます。

私はかなり飽きっぽい性格で年齢的にもまだ二十代ですし、一つのことを長くやり続けてその集まりでベテランと呼ばれるポジションに位置したことはありません。

逆に好奇心旺盛で様々な業界、集団で新人(新しく参入してきた人)を経験しているわけなんですが、どの業界でも必ず新人に対して不満をぶつけたりごちゃごちゃ言ってきたりする人がいます。

いますよね?

この人達ってなんでこんなこというのかな?

と考えた時にもちろん自分より能力のある新人に対する「妬み」みたいなモノもあると思いますが、それだけでなく何か他の感情があるのでは?

と考えたりもしました。

スポンサーリンク

新人に不満を持ってしまう人の心理

bsMJ885_taikyokucyunotaku15110228

新しく参入してきた人達になんとなくイライラしてしまう人達はきっと自分でもなんでイライラしてしまうのか分からないんじゃないかなと思います。

「別に羨ましくもないし・・・」

「でもなんかウゼー」

なんでこんな感情持ってしまうかというと、古株の人達はその業界、集団は、

「こうあるべきだ」

という正義感というか、他者に対して自分の期待値を要求しているからなんですね。

「履歴書は手書きでかくべきだ」

「仕事でLINEなんて使うべきじゃない」

「高校野球でスローボールを投げるのは邪道だ」

比較的新しい人達はそんな拘り当然持ってませんし、持っていたら古い人達に対して「何ぬるいことやってんだよ!」ってぶつかるかもしれませんがそんな人きっと稀です。

新しいことを始めるとイチャモンが始まる

業界の古参、古株の人達は新しい人達が新しい勢力を作って新しいことを始めようとしたりするとイライラしはじめます。これは集団に限らず目に付いた個人でも同じ。

「妬み」という感情もある場合もありますがそれとは別に、

「俺らの築いて来た庭何荒らしとんねん」

という自分たちが作ったマイルールに従わない人達にイライラし始めます。

だけど結託した組織ならともかく、自分達または第三者が勝手に決めたネット上も含めての枠組み、属性、クラスタの中でそのマイルールは自分達が勝手に決めたただの暗黙のルール、空気のようなもの。

主宰者ではないただ古くからやっているだけの人達はそれらマイルールを押し付けるわけにもいかず、

「あのやり方では上手くいかない」

「あんなことするやつはバカだ」

と自分達のマイルールに反することをして目立つ人達を(影で分かりにくく)攻撃したりします。

伝統にうるさい人も同じような心理(おまけ)

2697956fab72e2613b85e3d5d19343fa_s

例えば伝統のあるイベント、クリスマスやハロウィン等のイベントがある際、

「本来クリスマスというのは・・・」

「ハロウィンの本当の由来は・・・」

のように歴史や伝統的な風習の知識を振りかざし、単純に楽しんでいるだけのミーハーな若者を批判する自称知識人が結構いたりします。

知識人は頭が良いので何事にも「何故その文化があるのか?」、「どういった経緯で・・・」ということを調べるのが好きです。楽しむ意味を考えます。

その知識人の中に「自分が思うあるべき姿」とは別のことをやっている若者にイライラする人が現れてしまうわけです。古臭く、おっさん臭く感じますよね。

耳を貸す必要はあるか

こういう人達(口うるさい古参者)の言うことを受け入れるべきかどうか。それは目的によって変わってきます。

完全外野の人物でどう思われようが構わない、受け入れる必要はないと判断した場合は無視するべきだと思います。

が、例えば自分がプレーヤーでそれを見ているお客さんにそう指摘された場合は考えるべきなのかもしれません。

批判意見というのは基本的に無視するべきだと思いますが、自分の目的を達成することに繋がる意見は受け入れた方が良いです。

まあハロウィンでドンチャン騒ぎしている若者に歴史や伝統を振りかざして批判する人達の大半は、

「ただのやっかみ」

だと思いますけどね。

 - 考察

TKalice

TKalice

ブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。高知から千葉に移住しました。

Feedlyで購読

関連記事

才能のない人は努力してどうにかなるかという問題について

才能というと特別優れた能力があることを指すことが多いかもしれませんが、ここでは特別優れた能力ではなく、(あらゆる分野で)平均値を上回っている能力があることを、「 …

間違ったことやってる人に何を言っても無駄な理由

図書館で騒ぐ子ども、それを注意しようともしない親、子どもを激しく叱る親、歩きタバコする大人。 世の中には間違った行動をする人とってどこにでもいるよね。 そして世 …

2020年に紙の教科書が消える!?タブレット教育の現状とは?

先日飲み会で結構驚いたんだけどキンドル知らない人って普通にいっぱいいるんだね。 私は通信設備(LANとか非常放送とか)の会社にいて昔は通信といえば音声とか警報、 …

音楽認識の神アプリ、Shazamが凄すぎたのでどこまで認識するか試してみた

今更かもしれませんが、ちょっと調べたい音楽があったので音楽認識アプリ、「Shazam」をダウンロードしてみたわけですが、これスゲーですよね。 「この音楽誰が歌っ …

生活保護の高校生バイト貯金拡大は良い流れ?

Gunosyで気になった話題について気になったので。わけあって多少詳しいです 生活保護世帯の高校生:「バイト代貯金」拡大へ 厚労省 – 遥香の日記 …

お金に価値はない。お金について語ってみた。

大人になっても忘れない教えこそ真の教育だ! 高校時代の恩師、K先生は口癖のようにそう言っていた。おかげで私たちはその言葉を忘れていないわけですが。 スポンサーリ …

私達は何故キラキラネームを批判したくなるのか

キラキラ女子「そろそろ赤タムの名前決めないとやばくね?何にするよ!」 マイルド男子「やっぱりー男の子だから女を守る強い子に育って欲しいよねえ・・・そうだな・・・ …

no image
日本人が「自己責任」が好きなのは集団主義的思想からではないか

少し旬を過ぎたネタかもしれませんが… 日本人は自己責任という言葉が好きです。 かといって海外がどうなのかは本当のところ正直わかりませんが、ネイバーまとめの「自己 …

コンビニのトイレのレイアウトを見て思うこと

コンビニでトイレを借りるとなんとなく何か買わない気がしてきたりしていた私ですが、店員からしてみるとレジ打ちするのがめんどくさいので逆に何も買わずに出て行ってもら …

28歳の俺達がオヤジになるにはまだ早すぎる

毎日会社に通って家に帰ったら晩酌、たまの休日は家でゴロゴロするかいつものメンバーで酒を飲み交わす・・・ そんなオヤジ生活にまだまだなりたくない。そんな私はもうす …