千葉で働くフリーランサーのブログ

競争社会で起こる歪みと格差社会の話とか

   

資本主義であり民主主義である現在の先進国と呼ばれる国々では勝ち組、負け組という格差が生じます。

民主主義とは「私は私である、私にも決定権があり私を認めるのも私である」ということ。資本主義とは「資本、つまりお金が社会の基本動力となる社会」なのかな(現代社会全然勉強してないw)。

つまり資本主義であり民主主義である現在の先進国と呼ばれる国々では、

「私は私である、私にも決定権があるし私を誰も否定できない」

という民主主義社会に生きているにもかかわらずお金がないので実際何もできないという人が誕生します。

そんな彼らの中に溜まっていたフラストレーションが爆発してしまう事態が起こることがあります。

Screenshot of www.itmedia.co.jp

「こんなクソみたいな人生」 黒子のバスケ事件、被告が法廷で吐露した「負け組」の思い (1/3) – ITmedia ニュース

2012年の秋頃から約一年に渡り、「黒子のバスケ」の作者、藤巻忠俊に対して脅迫文を送りつけるなどして悪質な嫌がらせを行い逮捕された一連の事件。

犯行動機について、「自分の人生は醜くて汚くて、無残。挽回の可能性がなく、社会から退場したいと思っていた」と告白。上智大学出身の藤巻氏の学歴やバスケ漫画での成功について触れ、「手に入れたくて入れられなかったものを全て持っている作者のことを知り、人生があまりにも違うと思った」と述べた。 _記事一部抜粋

ムシャクシャしてやった。の典型例。

被害者に私的な恨みはなくたまたま同じ上智大学だっただけということからほぼ無差別に近いといえます。

つまり恨んでいたのは被害者ではなく社会全体。反社会的行為がたまたま個人に向けられていただけということですね。

スポンサーリンク

競争社会で負けた人の末路

私たちは小さい頃から競争社会というものを教育によって植えつけられます。

運動場でのかけっこ、リレー、学校の勉強、テストの点数、美術、芸術にまでもが順位を付けられ他者と比べられます。

口では個性とか平等とかいいつつも実社会では勝ち負けだということを最も効果的に教えられているのです(そんなことねえのに)。

負けたら誰だって悔しい

こんなクソみたいな人生と話す被告人の人生がどんな人生だったのかはわかりませんがおそらくそれは本人にとって社会的に「負けた」と感じる人生だったのでしょう。

負けたら誰だって悔しいです。

子供の頃、ゲームに負けて地団太を踏んだ経験は誰にでもあることだと思います。

桃鉄(ハドソンのゲーム)で負けまくってコントローラーを投げたり、リセットボタンを押したりって経験よくありますよね?

甲子園では負けたチームが悔し涙を流すシーンが多く見られます。誰だって負けたら悔しいんですよ。

社会で負けるということ

競争社会では定職に就けない人、収入の低い人、結婚できない人等は社会的に「負け組」という扱いを受けます。

これは別に誰かが「負け組だ」というわけでもなければそんな枠組みもない、本人の思い込みや周囲の空気によって生み出されます。

社会的に負け組になるということは日々悔しい思いをしながら生きていくということ。やり場のない悔しさはやがて怒りや憎しみを生みます。

重松清の「隣人」ではありませんがこうしたフラストレーションを抱えたまま生活している人は意外と多くいます(もしかしたらあなたの隣にいるかもw)。

競争社会が生む格差

競争社会はやがて格差を生みます。

競争で勝った人は豊かに暮らし、負けた人は貧しく暮らす。

競争社会の何が悪い!これこそ平等だ!公平だ!

という人もいますが格差社会はやがて痛ましい事件を起こします。

まだ記憶に新しい秋葉原事件もこういった社会に恨みを持った人間が生まれたからこそ起きた事件だと考えます(真相はわからない)。

SMAPの「ナンバーワンよりオンリーワン」という歌が流行りましたが実社会ではやはり未だに競争社会が続いていて、当然クラスで1位の人と最下位の人が同じ評価を受けるわけありません。

だけど私はそんな競争社会が大嫌いだ!

時代は変わりつつあります。

別にテストでいい点取らなくても、大学行かなくても、スポーツが出来なくても現代では豊かに暮らす方法はいくらでもあります。

しょいもない競争社会で上目指すのソロソロ辞めにしませんか。

 - ニュース

TKalice

TKalice

ブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。高知から千葉に移住しました。

Feedlyで購読

関連記事

生活保護の高校生バイト貯金拡大は良い流れ?

Gunosyで気になった話題について気になったので。わけあって多少詳しいです 生活保護世帯の高校生:「バイト代貯金」拡大へ 厚労省 – 遥香の日記 …

年賀状ノルマに対して思うこと

この時期になるとNHKの紅白と並んで話題になるのが郵便局の年賀状ノルマ。 郵便局の店頭やスーパーの出張販売とか見ていたら「もうええ加減やめろよw」って思います。 …

テレビを見て薄知化するわけではないってことをセクハラやじ問題が教えてくれた

ネット社会が基本になれば変わると思っていた。マスコミに踊らされる馬鹿が減ると思ってた。 なのに・・・ ネットが普及する前はテレビ、新聞がメディアの中心でした。 …

ワーキングプアと生活保護はどっちが楽か

生活保護を批判する際よく持ち出される言葉、ワーキングプア。 ワーキングプアってのは簡単に説明すると「フルタイムで働いてもギリギリの生活さえ維持が困難、もしくは生 …

巷で話題のカーシェアリングの成長がすごい!ここ2-3年で8倍に!

最近twitterでカーシェアリング。 カーシェアリングが実は結構前からあることは知っていましたが何故今更話題になるのかと思って調べてみたら近年の成長率がまじす …

高すぎる正義感は時に身を滅ぼす。

昨日だったかな。痛ましいニュースを見ました。 元記事が消えてしまっていたのであれなんですが・・・ 要約すると駅で、 「俺は家がないんだ!!!」 とか大声で叫んで …

1万円のスーツしか買えなくなった日本は貧しくなったのか

「一万円のスーツしか買えない」 「ユニクロですら高く感く感じる」 「服にお金を掛けられない」 賃金上昇の報道がなされるも年収500万円サラリーマンの45%は「去 …

no image
「ブサイクがモテる」を理解出来ない人はきっとおっさんになると全くモテない

今日はモテと非モテの話。きっと面白い。 先週末くらいだったか。 ガイナックスの元社長で今はオタキングの社長とか評論家とかいろいろやってるこの人が女性関係ネタでニ …

no image
奨学金制度なんてただの詐欺のようなもんだろ

すげーいい記事見つけたので予定を変更してお送りします。 これね。肩書きがすげーお堅いお役人みたいだけど中にはこんな人もいるんだね。 「生まれながらの差別」に鈍感 …

精神病患者の社会的入院の実態。早期退院は確信犯?

珍しくtwitterのタイムラインに悪名名高きNHKのツイートがリツイートされていたので言及することに。 わけあって詳しいです。そしてタイトルの通り重い記事。 …