千葉で働くフリーランサーのブログ

仕事が嫌だってのは勘違い。世の中の働く人はそれなりに仕事が好きである。

   

「好きなことを仕事に」ってワードをtwitterのタイムラインで耳にタコならぬ目にタコが出来るほど目にしたわけですがtwitterにはリツイートを表示させない機能が標準装備されていて、「twitter」って気が利くなあと思ったり。

私もそうなんだけど若い人って今の仕事が嫌でたまんないのかついつい「好きなことしてご飯食べていけたらなあ」とか思っちゃったりします。

以前このブログでもネタっぽく「好きなことを仕事にする」ってことをテーマに記事にしましたがブログコメントに「おっさん頭堅いんじゃねえの?」ってコメントがついたりしました実はw

君はまだ好きなことを仕事にしたいとか言ってるのか

まあそんなことはどうでもいいんですが正直今の仕事それなりに好きになれねえやつは何やってもダメだろって思ってます。

(当然例外もある)

d27b9e8cb4e0f3132c34c8e04fd3528d_s

スポンサーリンク

出来る人はそれなりに仕事が好きである

若い人が結構勘違いしやすいんですが仕事ってそんなに辛いもんじゃないんですよ。

実際、世の中で働いている多くの人は仕事中に笑うこともあるし楽しそうな表情を見せることだってあるでしょ?

労働条件がすげー悪いはずの居酒屋や飲食店で接客している人だって笑顔で接客してるし厨房から雑談する声が聞こえたりすることも珍しくない。何気に仕事楽しんでるわけなんですよ。

本当に嫌なら毎朝通うことなんて出来ないし無理してやっても絶対どっかで潰れる。

仕事が嫌なもんだっていうのは学校の勉強が嫌だっていうのと同じ錯覚、気のせい、もしくは植え付けられてんですよ。

人は評価されることが好き

人には承認欲求なるものがあるらしく、最近の若者の仕事のやりがいフレーズに多い、

「人の役に立ちたい」

っていう欲求を満たす仕事は実はいくらでもあります。

基本的に物を売る仕事、販売、営業はお客さんの役に立ってるし直接「ありがとう」って言われます。だから自然と接客で笑顔になれる。

別に直接客と関わる仕事じゃなくても会社が望む人材になれば評価はされるし上司が承認欲求を満たしてくれる。

ある程度上手く行ってる仕事出来る頭のいいやつほど会社って居心地いいんじゃないかと思えます。

嫌だと思う時だってあるに決まってる

それでもやっぱり上司に怒られたり、お客さんを怒らせたりして「キツイなあ」って思うこともあります。

だけどそれって生きていたら絶対あることでしょ。

奥さんと喧嘩したり、うっかり友達怒らせてしまったり、iphone落として画面割れてしまったり・・・嫌なことっていくらでも起こるしそれが仕事中に起きないわけがない。

私は家事がめんどくさくて嫌だし真夏のクソ暑い中買い物に行くのも嫌。

プライベートならそういう嫌なことを後回しにしたり人に任せたりできるけど仕事はそれが出来ない。だから嫌なことでも我慢してやんなきゃいけないってなるだけなんですよ。

好きなことを仕事にする前に

仕事はツライものってのはただ単に刷り込まれているだけってことが多いです。

もちろん本当に辛くてしんどくてクソ辞めたくてどうしようもないってこともあるでしょう。

そんな人はさっさと辞めたらいいです。

でもなんとなくダラダラ働いてグチグチ言ってる暇があったらとりあえずその会社でトップ目指してみろよって思います。

別に社長になれって意味じゃないよ。単純に自分が納得いくまで一生懸命やってみろってことです。

私は一生会社員でいるのは絶対嫌だし今の会社に何十年もいようとも思ってないけど。

だけどとりあえず自分が選んで入社したわけだし別に他に行きたい会社があるわけでもないし。それなりに面白いって時もあるのでまあやれるだけのことはやってやるって気持ちで働いてます。

長いことニートとかフリーターとかやってたから(朝とか)スゲー嫌になることもよくあるけどまあがんばるしかないね。

本当に嫌なのは仕事じゃなくて拘束されることなんだよね。

 - 仕事観

うみ

うみ

ブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。高知から千葉に移住しました。

Feedlyで購読

関連記事

残業代なんかむしろ出ない方がいい。

twitterにてキャッチした記事。 <ブラック企業>学生と企業の認識の差 給与金額で顕著に (毎日新聞) – Yahoo!ニュース   …

no image
仕事で家庭をかえりみない日本男性は優先順位が間違っているのではないか

男は外で働いて女は家事をする。 そんな古臭いことやってるのは日本人だけだよ? って一昔前から言われてますよね。 で、今日ブロゴスでそういう感じの記事を見て、そこ …

no image
自分の人生くらい自分で責任を持てよって思った話

私はよく仕事で確認を迫られることが多いです。 「○○ですよね?」 「○○で大丈夫だよね?」 「○○だったよね?」 これらの質問に対して私は基本的に二つ返事で「そ …

現代の仕事に関する話とフリーランスという働き方

ネットや携帯電話等の登場によって過去と現代では働き方が変わってきました。 私たち人間の寿命は約80年、そのうち仕事をするのは20~60歳までの約40年間、歴史的 …

ライターは儲からないわけではないだろう。

最近クラウドワークスは稼げないみたいなネタがちょっと話題になりました。 何でも80万人以上の登録者のうち月間20万以上稼ぐ人が111人しかいないとか。 クラウド …

今の時代正社員で働いてもほとんどの人が幸せにはなれない

前回チラッとお話しましたが私は今の会社に入社する前は長いことフリーターをやっていて、その頃はそれなりにまともな会社で就職して真面目に働けば、まあそれなりに幸せな …

no image
仕事は「金のためにやっている」で良いと思う

ネット上ではよく消費者側が、「使ってもない商品を宣伝するな」とか「良いと思ってもない商品を人に勧めるな」みたいなことを言う人を度々見かけます。 また提供する側、 …

ワーカホリック(仕事中毒)な中年男性の本音

先日会社の忘年会第二弾がありました。 酒を好まない私にとって飲み会全般好きになれない上に、仕事の外で繋がりを持ちたいなんて一切思わない私にとって、会社の飲み会は …

クールビズという空気読め感に耐えられない話

本当はクールビズに突入する6月より前に書きたかったんですが忘れてた間にいつの間にやら5月が終わっちゃってました。 もうこのネタいいかなとおもってたんですが、今日 …

飽きっぽい私がブログやアフィリエイトを続けられる理由を今話す

ここ最近ブログが滞り気味なのは新しいブログに専念しているからなんですね。 もちろん始めに作った回線系のブログも更新しているので結構手いっぱいになりつつあります。 …