千葉で働くフリーランサーのブログ

飽きっぽい私がブログやアフィリエイトを続けられる理由を今話す

   

ここ最近ブログが滞り気味なのは新しいブログに専念しているからなんですね。

もちろん始めに作った回線系のブログも更新しているので結構手いっぱいになりつつあります。

私は普通のサラリーマンなのでアフィリエイトもこの趣味でやってるブログも当然仕事が終わってからとか休みの日にやっています。2ヶ月後を目途に外注化も考えています。

副収入の合計はというと、まだ未確定ではありますが、3分の1くらい確定してくれれば大台の10万にのりそうな感じです。

このブログを開設したのが2013年12月ですから約1年半ちょっとということになります。当時のことを思い出すとなんか懐かしいですw

というわけで少し振り返ると、思えば遠くに来たもんだとか思ったりしたので今日は何をやっても続かなかった私が現在までブログやアフィリエイトを続けられた理由とか書きます。

ブログもアフィリエイトも一番大事なことって続けることなんですよね。よくアフィリエイトで5000円以上稼げている人は5%以下とか聞きますが、おそらく稼げていない95%のうちの90%以上がアフィリエイト歴1年未満だと思うんですよ。

まあ1年間やってもほとんど稼げないって人もいるみたいですが、3年やって1万稼げない人って多分ほとんどいないと思うんですよね。ブログも然り。

スポンサーリンク

会社員はリスクが高いと本気で思っている

8f8ec00cecb3632c30d5f6bcf46b7f87_s

このブログでも何度か書いたことありますが、企業に雇われて会社の給料だけに頼るのはとてもリスクが高いと思っています。

就職して一つの企業に一生面倒見てもらおうとするのはギャンブルみたいなもんだとさえ思ってます。

こんなこと言うと一昔前だと「何言ってんだw」みたいなこと言われましたが最近は割とそういう意識の人が増えたように感じます。なんか時代変わったよね。

※ちなみに私は28歳ですw

仕事の切れ目が人生の切れ目

ここから少し重い話になります。

今から8年くらい前、私が20歳くらいの頃叔父が自宅で亡くなったと連絡を受けました。その時の電話は今でも覚えています。

その数カ月ほど前に叔父が脳梗塞で入院していたことを知っていたので、その時は病気によるものだと思っていました。

しかし聞かされた内容は想像を絶するもの。

頸部圧迫による縊死とのこと。

ようするに首つりです。

知ってます?

こういう時って限られた身内しか本当の話聞かされないんですよ。表立っては事故とか病気とかってことにするんですよね。

自殺は日本の20歳~60歳どの世代でも死因のベスト3に入っているので知らないだけで案外身内や近所にいるかもしれませんよ。

厚生労働省:死因順位(第5位まで)別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合

叔父は学校卒業後、某大手家電メーカーの正規販売店(子会社)でその歳までの約30年間勤務していました。まあ本当平均的なサラリーマンっていう感じですね。

定年退職まではまだ数年ありましたが亡くなる数ヶ月前、脳梗塞により長期入院を要すことになりそのまま退職する形となったらしいです。

私は一緒に住んでいたわけじゃないのであくまで想像の域を超えませんがこれ、きっと解雇です。

病気のため長期休暇を取らざるを得なくなり、治って戻ろうとしたらそのまま解雇。割と良くある話みたいじゃないですか。

50過ぎて会社クビって再就職なんて無理ですよ。

一生報われないのが会社員

ここ最近とても感じることなんですが、会社員として働くのが年々しんどくなっているように感じます。

私は仕事柄、IT機器やソリューションを販売することが多いんですがそれらは突き詰めていくとコンピュータ化して人の作業を減らすということなんです。

人の作業を減らすと結果的に人が要らなくなる。

多くの会社では人が要らないからクビにしたいけど簡単に解雇出来ないから今か今かと解雇するタイミングを待っていたりします。

30年間真面目に勤務していても早く辞めろと思われているってちょっとあんまりですよね。だけど現実にこういうことが起きていて、そういう人達は窓際族とか呼ばれたりしていますね。私もこのまま会社員続けたらきっとそうなるかなと思いますw

今の時代正社員で働いてもほとんどの人が幸せにはなれない 

自分の身は自分で守れ

私は実は結構特殊な家庭で育ちました。それはもう今日の話が氷山の一角にすぎないと思えるくらいに。

そのせいか私はいつしか自分の身は自分で守るしかないと小さい頃から思うようになりました(当時はそれが普通だと思っていた)。

私が高校くらいの頃、学校の先生から年功序列や終身雇用という言葉を学びました。

テレビでは大企業が大量リストラだのなんだのやってた頃です。

この人何言ってるのかなあと思ったりしていたわけですが、もうすでにその時から一生会社員で雇われることに対するビジョンが見えなかったんですよね。

いや~ありえねえだろw

って思ってました。

でも起業なんて無理ですw

そんな学生時代を過ごした私は二十歳になっても25を超えても考え方はあまり変わりませんでした。

高校の頃、いつか二人で居酒屋でもやりたいねとか話していた同級生は現在も高校卒業後に就職した会社で真面目に働いています。

彼のような真面目で一途なタイプなら好きなことを見つけてそれを突き詰めていって自分で店を出したりするんでしょうけど、私は夢中に慣れることなんて何一つありませんでした。

別にやりたいことなんてないし夢なんてのもない。

一つのことを追いかけて起業するとか絶対無理だと思っていました。今も思っています。

いやいろいろ手は出してみましたし本も多く読みました。FXとかせどりとかやったりもしましたね。全然面白くなかったので続かなかったけど。

金だけじゃ続かない

そんな中、ブログだけはこうやって好きなこと書くだけでPVが増えて収入に繋がっているのでまあ続けられないわけないんですよねw

本当に好き勝手書いてますから。

よくブログは役に立つ記事じゃないといけないとか面白くないといけないと言うけど、むしろそういう記事を書くのが楽しいわけじゃないですか。

誰にも読まれないひとり言の日記なんて書いても何も楽しくありませんよ私からすれば。人に読まれて反応を貰えるから楽しいわけです。

そうすると自分のやりたいことが収入に繋がってるのでほとんど苦にならずに続けられるんですよね。

これは最近つくづく思うことなんですが、金のために苦行を続けるってかなりキツイんですよね。日本で生活している以上、そこそこ働いてそこそこ給料もらえれば普通に生活出来るんですから。

副業って生活に困っている人ほど続きやすいんです。

まあつまるところ、私にとってブログやアフィリエイトで稼ぐことはかなり楽なんですよ。

こんなに楽にお金の入る仕事はそうそうないよね。

-追伸-

T.Kエルモは記事を書いてくれる人を募集していますw

 - 仕事観

TKalice

TKalice

ブログ及びアフィリエイトアフィリエイト収入で生活してます。高知から千葉に移住しました。

Feedlyで購読

関連記事

若者が興ざめする絶対やってはいけない上司の言動ベスト10

会社員ってのは大変です。 客から文句言われ、上司からも文句言われ、これで家庭が上手くいっていなかったら目も当てられません。 特に中間管理職と呼ばれる立場は一番キ …

no image
自分の人生くらい自分で責任を持てよって思った話

私はよく仕事で確認を迫られることが多いです。 「○○ですよね?」 「○○で大丈夫だよね?」 「○○だったよね?」 これらの質問に対して私は基本的に二つ返事で「そ …

モノが売れない時代にどうやって営業していくのか

「良い物を作っても売れない」 そんなことを言われるのが当たり前になりつつある時代にモノを売るってスゲー大変です。 私も(仮にも)営業職という立場なのでその「モノ …

クールビズという空気読め感に耐えられない話

本当はクールビズに突入する6月より前に書きたかったんですが忘れてた間にいつの間にやら5月が終わっちゃってました。 もうこのネタいいかなとおもってたんですが、今日 …

指示したことしかやらない部下、動かない部下はゆとりのせいじゃない

子は親の鏡、部下は上司の鏡、部下が動かないのは上司に責任があるというのが私の考えです。 私の上司が何も指示しないタイプの上司なので前からこの話はしたかったんです …

君はまだ好きなことを仕事にしたいとか言ってるのか

以前「自分に向いてる仕事は何かを考える若者に言いたいことと才能とは何か?」という記事を書きましたが、その続きというか、好きなことを仕事にするにはどうするべきか? …

やりたいこととお金を稼ぐことを両立させるためには

事業やってる人とか、プロスポーツ選手とか、アーティストとか、客観的に見ていると自分のやりたいこと、好きなことをやってお金を稼いでいるように見えます。 だけど彼ら …

no image
仕事で家庭をかえりみない日本男性は優先順位が間違っているのではないか

男は外で働いて女は家事をする。 そんな古臭いことやってるのは日本人だけだよ? って一昔前から言われてますよね。 で、今日ブロゴスでそういう感じの記事を見て、そこ …

no image
絶対に真似したくない頭の悪い人の考え方

仕事していればいろんな人に出会います。 頭の良い人、悪い人。勉強ができる人できない人。 一緒に働いている職場の人間、取引先の顧客、メーカー、同業者等さまざまな人 …

no image
私が会社を辞めることを決意した理由

先日書いた記事の一番最後に、 「サラリーマン辞めます」 とナチュラルに書いたことに意外と反応が多くて驚きました。みんなありがたいことに最後まで読んでくれてるんだ …